プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ゲンちゃんが男を見せた、器のデカさを見せた、主人公っぷりを見せた回。
今週もシビレました。
「クセのあるやつだけど、友達になる」じゃないですね、それだったら今まででもあったかも。それはちょっと、上から目線だし。
「クセのあるやつと、そのクセごと友達になる」・・・使いこなせなかったエレキを、自分が変わることで受け入れる、というストーリーと並行させることで、そんな離れ業さえ無理なく受け入れられる展開、すごいです。
つまり自分がどんどん変わっていってしまう事を恐れない、という、これを男気と言わずして何と言いましょう。
変わり者がどんどん入部してしまうことで、今まで狭い世界で偏屈者で通してきたケンゴも、変わっていかざるを得ないんだろうな、という事を予想させるラストもいいですね。

あと、前半でフォーゼが足の青いロケットをユニコーンにばんばん撃ってて、ユニコーンが人間に戻ったら「おっとっと」みたいに足を隠すちょっとした動作、「フォーゼの中には心優しい弦太郎がちゃんと入っている」ということを感じさせて、好きですね。
平成ライダー見てると、普段は虫も殺さないような好青年なのに、変身すると容赦ナシの性格になっちゃう人、よくいますが、フォーゼはそういう、普通の高校生っぽさがすごく好きです。
聞くところによると平成ライダーというのは、だんだん戦っている相手と同質化してしまう傾向があるそうなのですが、フォーゼはこのまま青春全開で行って欲しい。

そして今日は、ゴーカイジャーもすごかった。
シルバーの子は素顔時の動きが凄い、とは前から思っていましたが、そんな彼の魅力を最大限に引き出すべく作られた回。
ダイレンレッドのリョウ(和田圭市さん)、ダイレンジャーのころは顔立ちが甘すぎて、あんまりピンと来なかったのですが、今見ると甘さに年輪が加わって、実に私好みのイケメン中年に。そして、まったく衰えぬ体技の素晴らしさ。惚れるよ。惚れた。
もう今日はスーツいらないから、この二人の素顔アクションだけで最後まで行こうよ、って思ってた人は、私だけではありますまい。
「ダイレンジャー」のころは自分、特撮好きを自覚してなくて、子供が小さかったので一緒になって見て楽しんでいた程度なのですが、イエローの酔拳の回とか、ブルーの「三馬鹿野球」の回とか、印象にのこる話が多く面白かったです。最終回も洒落てたなあ。
ダイレンは戦隊史上でも傑作とされているというしね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/57-74c4a9a0

 BLOG TOP