プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


職場のラジオで、「女子力って何だと思いますか?」というテーマでいろんな人の意見を聞いていて、いろんな考え方があって面白かったです。

よくあるイメージとして、「飲み会の時、大皿の料理を取り分けてくれる」「小型のソーイングセットを携帯していて、ボタンが取れたときにすぐ付けてくれる」などの、女らしい心使いを感じさせる系。
狭い意味では、巻き髪・ミニスカート・つけマツゲ・デコ小物と言った、カワイイけど男受けを狙った感じもするファッション。
当初はおそらく狭い意味だったのでしょうが、今はむしろ外見より内面を語る言葉として使われることが多いのでは、という事でしたが・・・。

私が面白いと思った意見は、
「女の子が女の子であることを意識して繰り出すワザ」
というものw
「例えば、誰かに物を渡す時に小さなメモが付いていて、『お疲れ様v』って書いてある、とか」
と、言うのですが・・・。
これ聞いて、もう青痣になるくらいバンバン膝を打ちましたよ!
確かに、「女子力」という言葉について回る、男の眼を意識してるんじゃね?感は、男を意識するというよりも自分が女(しかも女の子)である事を意識している所から来ているんですね。
完全に女同士の集まりの出かけて行くときも、流行りの髪型にしてみたり、ちょっとカワイイ小物を持ったりアクセサリをつけたりして、互いに見せ合って自慢しあったりして、「女子力高~い!」って言いますもんね。
「ワタシって素敵な女の子でしょ?」
というアピールを、あからさまに、あるいはさりげなーく、見せつけるのが女子力なんですねー。

だって例えば、親戚の集まりで中華料理店に行ったとして、普段から世話焼きの伯母さんが料理を取り分けてくれても「女子力高い」とは言いませんものね。
普段キャピキャピした女の子が、宴席で意外な気遣いを見せて取り分けてくれるからこそ「ワザ」でありアピールなわけで。

「女子力が高すぎる人は、女の子同士では人気がない」
という通説もありますが、やはり女同士で「女子力高~い!」という時は、その裏に(どうしちゃったの? やる気じゃん)というニュアンスが含まれていますからねw
男に媚びているから、というより、演出過多というか、「可愛い自分・素敵な自分」を意識しすぎた気配が鼻につくのではないでしょうか。
ちなみに、「おしゃれな人」と「女子力が高い人」はまったく似て非なるモノですよ?
おしゃれが上手いからといって、女の子同士で嫌われるという事は別にありません。

あと、女子力と関係ないけど面白かった意見に、
「女の子は恥じらいを忘れたらオバサンになる。男の子は馬鹿っぽさをなくしたらオジサンになる」
というのがありました。素晴らしい。もはや箴言ですw

ところで自分、イザクは現在、このブロクのプロフィールの所に荒木先生のイラストを流用させてもらっていますが、あのイラストを貼る前、何の画像も無かったころはよくブログに来てくださった方から、「イザクさんって男性だと思ってましたーw」と言われました。理由はわかりません。分かったら、もっと別の人生が送れていたんじゃないかと思います・・・(T.T)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/582-783c3bc1

 BLOG TOP