プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


公開中の映画「モテキ」見てきました~。
【以下、ネタばれスレスレだと思うので、まっさらの状態で見たい人は読まないでください!】
森山未來主演のこの映画、モテない草食男子が突然モテ始める、という男の夢映画なのかと思っていましたが、ストーリーは意外とシリアスで、主人公は最初から最後まで、ほぼ一人の女の子に惚れています。
宣伝などでは四人の美女にモテモテ、の感じですが、女の人からアプローチされるのも一人だけだし。
三人目と四人目は「あれ、モテにカウントされるのか?」
という感じですし。

とにかく、音楽が楽しい!
主人公・藤本君がサブカル系の仕事をしているという設定もあり、最初から最後までJポップの名曲が次々に流れて飽きさせません。登場人物の心理描写を、歌詞で代弁させている使い方もお洒落です(「失格」には笑ったな~)
オープニング、美女たちのかつぐお神輿にのってキンキラキンのはっぴ姿で浮かれてる映像の、背景にポールダンスまであったのにも笑いました。これでもか! 感がむしろスガスガしい。
そして途中、ライブハウスで歌ってる「孔雀」という新しめのバンドのど派手な黒人メイクのパフォーマンス、超カッコいいです。「パーティー・モンスター」という映画を思い出しました。孔雀には今後も注目。
(「パーティー・モンスター」はマッコ-レ・カルキン主演のキレイ系キワモノ映画。大好き。日を改めて、ここで紹介します)

さて、藤本君はモテない駄目な奴なのですが、似たような境遇の「電車男」と違うのは、電車男は内面がピュアで純朴だったのに対し、藤本君は駄目な奴のくせにやたら自意識過剰で変なプライドも持ってて、心理描写が妙にリアルなんですよね。モテない時のひがみっぷりの凄さとか。フラレる前に、こっちから駄目にしてやる! みたいな変な意地とか。
「電車男」見ると、「オタクとか草食系って、案外いいかも・・・」と思うのですが、モテキ見ちゃうと「やっぱ文化系はやだな」って、思っちゃいますよ、マジで。
いやでも、そんな嫌な奴でも、人を好きになって、人から好きと言われて、少しずつ変わっていく、というのが実はこの映画のテーマで、だからこそ藤本君に共感もするし応援もしたくなる、そんな、実はシリアスな恋愛映画です。


それにしても、特撮好きだったりするもんで、役者さんの身体のキレがいいと思わず「オッ!!」って思っちゃいますね。森山未來くん、床からベッドの上に片手でびょん! って飛び乗る動きとか凄いですよ。パフュームと一緒に踊るシーンもキレキレだった。顔立ちも好きだし、役にハマってたなあ。
あと、長澤まさみもすごく良かった。今まであまり好きでなかったのですが、見直しました。

映画館に行く価値は十分あると思いますが、女の子同士かカップルで行かないと笑えませんよ。
男一人または男同士(特にオタク系)だとマジで凹むと思われるので、注意してください・・・

P.S.
>Yさん
「進撃の巨人」で話が合うと、ガールフレンドができるらしいですよ!(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんはー

「進撃の巨人」で話が合うと、ガールフレンドができるらしいですよ→読んだらモテモテ→モテキ!

 続きを読んでみようかなv-413
 
 


そう簡単には・・・(笑)

映画の中で、
主人公が女の子と飲んでて、

「進撃の巨人」の話振っても反応してくれる~! オレと趣味合うじゃん~♪ 

みたいに浮かれるシーンがあるんですよ。
逆に言うと、普通の女の子は「進撃の巨人」にまったく興味がないってこと(笑)
だから、効率悪いですよ?(笑)
女の子と話を合わせたかったら、やっぱ「君に届け」とか読めばいいのかな?
ちなみに私のオススメは「海月姫」と「今日の猫村さん」。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/59-92ecc1b9

 BLOG TOP