プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットの中で新たな陰謀トピックを探してフラフラしてたら、凄いニュースに出くわしました。
「ローマ法王とエリザベス女王、児童虐殺(その数なんと5万人)の罪で逮捕へ」
冗談かと思ったら本当のようです。
数年前、カナダでバチカンと英国王室がカナダの先住民モホーク族の寄宿舎で児童の大量虐殺をおこなっていた事が明らかになったというニュースがたあったそうなのです。全然知りませんでしたが。
この寄宿舎は19世紀にモホーク族の子供を投獄(?)するために英国国教会によって設立されたもので、ここに行った子供たちの半分以上はそのまま戻らず、その遺体は学校の周辺に大量に埋められているということです。

カナダ人のケビン・アネットさんという方が、地道な調査を重ねてその証拠を集め、ブリュッセルにある国際慣習法裁判所に提訴していたそうです。で、その判決が2/25に出たのです。
ローマ法王ベネディクト16世と、英国王室エリザベス女王、そしてカナダのスティーブン・ハーパー首相、その他バチカン関係者など30人に懲役25年(仮釈放無し)の有罪判決がくだりました。個人財産もすべて没収されるとの事です。出頭する期限は3月4日で、それを過ぎると逮捕状が出るそうです。

これで、あの、シスの暗黒卿もといベネディクト16世の突然の退任の謎も解けましたね・・・
さすがに、現役ローマ法王が逮捕されるわけにはいきませんよね・・・。

このニュース、あまりに大きすぎてかえって話題になりにくいといいますか、普通にTVでニュース見ててももちろんやってないし、そもそも児童5万人って、あまりにスケールがデカすぎて、かえって信憑性を欠くきらいがあります。っていうか端的に人間の所業とも思えないので、にわかには信じられないのです。が、ちゃんとソースを貼ってあるサイトもあり、やはり本当のようです。犯罪は大がかりなほどバレにくい、といいますが、まさかバチカンが・・・英国王室が・・・と、まず思って普通、そこで思考停止してしまいます。
それにしても、ブリュッセルの裁判所、凄いです。
ローマ法王に有罪判決を下すことが可能なんだ、というだけでも私などは驚いてしまいます。

そして気になる3月4日ですが・・・。
素直に出頭するとも思えませんし、判決を無効とするような何らかの手段を講じてくるのではないでしょうか。
逆の証拠をそろえて、ひそかに上告(?)するとか。
何か大事件を起こして、ウヤムヤにしてしまう事も考えられます。戦争や紛争が起こらないといいのですが。重要人物を暗殺してしまうとか。隕石を装った地表への攻撃? まさか、日本で地震や噴火はないよね・・・?
それとも、闇の勢力から、彼らはこの機に切られ、捨てゴマとなってしまうのでしょうか。

面白くなってきましたね・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/591-562e3f05

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。