プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


面白いですヒーロータイム!
戦隊もライダーも、見ごたえあって充実してます。
ちょっと前まで、ヒーロータイムに絶望していた自分が嘘のようだ。

<キョウリュウジャー第3話>
グリーンのソウジ君が恰好良すぎてヤバイレベル。
紺の道着が似合うすっきりと端正な外観、滅多に笑顔を見せないというキャラ設定、剣を構える時の思い切り低い姿勢、スーツに変身したときの決めポーズも面白かわいい。
早くも、素顔の戦士たちに会いに行きたくて仕方ありませんww
ピンクとブルーも相変わらずいい味を出していますし、ブラックも期待できそうです。ゴーバスの時と違って、若い役者さんたちが自分の役どころを楽しんでいる気配が伝わってきます。
戦隊で大事なのは、設定ではなくキャラなんだなあ、としみじみ思わされます。
あとはレッドの事さえ好きになれれば(笑)
でも、今の勢いだとすぐに気にならなくなりそうではあります。

素顔の戦士たち、特にグリーンとピンクのアクションが凄いです。
恐竜って、始まってからずっと坂本監督なんですね。それを知って、さすが! と思いました。またまた若い子を鍛えてますね~!
今週はまた、ソウジの父親役を演じていた春田純一さんの風格ある立ち回りが素敵でしたねー!
ちょっと調べてみたらこの人、過去、「ゴーグルファイブ」と「ダイナマン」で二度のブラック役を演じ、しかも素顔役とスーツアクター兼任だったといいますから驚きです。ヒーローもの独特の身体の動きや技の見せ方、といったものが自然に出ていたのも納得です。

<仮面ライダーウィザード25話>
大笑いの先週に続く今週は、泣ける「いい話!」
このまま福井へ帰ろうか、ばあちゃんが死んだらオレが絶望しちまう、というコースケのセリフには思わずもらい泣き(T.T)
このシーンを撮るとき、コースケ役の永瀬さんはテストの時からすでに泣いていたと公式に書いてありましたが(微笑)、感情のこもった名場面でしたね。
背筋がビシッとしてて品格があって毅然としてて上品だけど怒ると迫力があって、育ちの良さ、ひいては仁藤家の伝統と格式までを感じさせるおばあちゃん、凄いなあと思っていたら、山口果林さんというベテラン大女優が演じていらして、納得すると同時に、やはり大女優の存在感や演技の力って物凄いなあ、とあらためて感心しました。
私はあまりサスペンスや時代劇のTVドラマを見ないので知らなかったのですが、この方、「よくこんな大物を仕えたなw」というぐらいの大ベテランでした。
永瀬さんをはじめレギュラー若手陣は、この方と共演できた事で得るものも大きかったのではないでしょうか。
少なくとも今週のコースケの演技は今までで一番見ごたえがありました。

そして来週は、高校生コスなのね~ww
マジ楽しみなんスけどwww
しかも、メドゥーサが女子高生に扮する、ですとォオ~!!??
私、ウィザードの女の子キャラでは一番メドゥーサちゃんが好きなので、もう楽しみでなりませんw
この話も、コミカルに2週でまとめてくれそうな気がします。イイですねイイですねー!

日曜朝、特撮を楽しみに早起きするヨロコビが復活して嬉しい限り。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/594-d927ddcb

 BLOG TOP