プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


例の、ローマ法王とエリザベス女王への有罪判決、自首する期限が3/4で、それを過ぎると逮捕状が出るらしいので、3/4ころに何か動きがあるかもしれないと思っていましたが、3日、女王が胃腸炎の症状で入院したとのニュースが来ました。
うーん、このタイミングで入院って、それって罪を認めていると思われても仕方ないのでは。時間かせぎか?
この入院のニュースを聞いて、ようやく、(有罪判決ってホントだったんだ)(児童虐殺ってホントだったんだ)と納得できた思いです。
正直、ローマ法王や英国女王ほどの大物の逮捕は無理だと思うし、このニュースも(ネット以外では)話題にならずに闇に葬られそうだと思っていたけど、このタイミングで入院するのって、自白したも同然なのでは。
けっこう、リアルに追い詰められているんでしょうか・・・。
もちろん、まったくの偶然っていう線もアリなんですけど(^^ゞ

あと、アメリカのオバマケア(新しい医療・保険の制度)の法律が可決して、その条文にアメリカ国民すべてに管理用のマイクロチップが埋め込まれる期限(何て恐ろしい期限だ)というのがあって、それが今年の3/23らしいのですが、なんでそんな日を作ったんだろう?
っていうか、期限を過ぎると何が起きるんだろう?
法律は3年前に出来ていたらしい(例によって全然知りませんでした)のですが、この3年の間に、もっとずっと近未来SFみたいな進展(?)があるはずだと思っていたんでしょうか。
それとも、注射針を通るような本当にマイクロなチップがあって、予防接種などですでに多くの米国民に埋め込まれているのだろうか。
なんか、アメリカってほんと今、大変なことになってそう。TPPを強気で押してくる層と、このような手を使って国民を被支配階級に置こうとする層とは重なっていると思われるのですが、銃も規制されそうだし、中国よりも最近はアメリカが怖い。
(当然ながら、アメリカ内部にも、TPPが発動すると経済的に打撃を受ける人たちがいて、けっこう国内に反対意見も多いのだとか。でも、そのおかげでTPP交渉は進展が遅いらしい。やはり反対なら反対と声にする事は大事ですね)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/595-a2bf2340

 BLOG TOP