プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


うーん・・・今週のジャンプは正直面白くなかったけど、
とりあえず「めだかボックス」より、今週の西尾先生の名言。

「少なくとも俺は観客席から主人公が次の敵と戦ってるのを見て
『す・・・すげえ! 今のあいつは俺でも勝てるかどうか!』
とか言ってる奴(中略)にはなりたかねえわな」

まったくもう、どうしてこんなにクールな知性なのですか西尾先生!
ほんとになあ、こんな事言ってる奴ばっかりだよな、と大きく頷きかけて、いやでもこの発言、私の大好きなベジータを全否定しているぞッ!! という事に気づき、西尾先生への愛とベジータへの愛の両極に引き裂かれる自分です。

あと、バクマンのサイコー君は絵が上手いなあ・・・。白黒の悪魔カッコ良すぎ。
エイジ君も上手いけど。
あの二人が連載する「ジャンプ」読みたいよ、ほんと・・・。


えーとそれからね、最近、娘が「タイガー&バニー」の一巻をレンタルしてきて、頭から見てみたんだけど、気づいてしまった事があるのですよ。
それはズバリ、「タイバニとこち亀(両津と中川さん)は同パターン」!!という衝撃の事実。

まず、エネルギッシュだけど仕事はできない中年男がいるでしょ、そこに、若くてハンサムで賢くて生意気な男がやってくるわけですよ。若い男は、先輩よりも自分の方がすべてにおいて勝っているのを当然の事として、中年男を見下しているわけですよ。ところが、付き合いが深まるにつれ、先輩は人並み外れたパワー、八方破れの行動力、熱い魂、などを持っていることに気づくわけです。
子供のころから優等生で過ごしてきた自分には、絶対に手に入らないもの。
頭の良すぎる自分には、決してできない「バカな行動」。
そういったものが羨ましく思えてきてしまうのですね。
でも、若いほうもプライドもあり素直になれない所もあり、先輩の行動で実際に被害を受けてる面もあり、で、自分が先輩に惹かれている、という事を自覚できない、というか自覚したくないんですね。
(中川さんは麗子さん相手の時は時々「先輩はすごい・・・」みたいな事を言っていますが)
そして「先輩」のほうはハナから無自覚。そもそも、他人の気持ちを考えるという事があまりない。

ね、ほら、かなり近いでしょ?
タイバニに萌えるんなら、両中にだって萌えられるはず!?
関連記事
スポンサーサイト

コメント

腐女子として、タイバニは凄く見たいと思っていました!
が、しかし…
「タイバニとこち亀(両津と中川さん)は同パターン」??
色んな方のブログでタイバニ萌えを聞きますが
これは初耳です^^

でもこうして設定を比べられると
確かに似ているかも…?!
>タイバニに萌えるんなら、両中にだって萌えられるはず!?
が、頑張ります!!(笑

何も頑張る必要は(笑)

あけぼのさんkぽんばんは~
別にこち亀で頑張る必要はないですが、もしがんばったらこの広い日本の腐女子界でオンリーワンの地位を手に入れることができるかもしれませんね(笑)
タイバニは、とにかくバニー(バーナビー)の設定が完璧と言っていいほどよくできています。
もう、腐女子狙い撃ち、です(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/65-990f1614

 BLOG TOP