プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


デザインフェスタ、略してデザフェス。今年は5/18・5/19の2日間、東京ビッグサイト西ホールにて開催。
そういうイベントがある事自体知らなかったのですが、上の娘の友人が店を出しているそうで、話のタネに行ってみました。
コミケやシティなどの、二次創作同人誌即売会イベントには幾度も参加しているのですが、このデザフェスというのは、もう少し広い意味でのグッズ即売会のようなものでした。
シティにも、よく手作りアクセサリや手描きのイラストを印刷したレターセットなどのグッズを売る店が出ていますが、あれの、もっと大規模にもっと何でもアリになったような感じ。
オリジナルTシャツやバッグ、アクセサリの店がやはり多く、イラストや写真、書道や印鑑、人形にプラスチック玩具、果ては苔玉に至るまで、ほんとに何でもアリでした。
コスプレっぽい服の方も何人もいたのですが、デザフェスではアニメやコミックスなどの二次創作は逆に禁じられているらしいので、あの衣装もおそらくすべてオリジナルキャラクターなのでしょう。ロリータ服も多かったな。
あと、ウサギちゃんなどの動物の全身着ぐるみ姿も多かった。頭部だけオオカミとか猫とか、そういう人も目に付きました。これから流行るのかな?

西ホールの中央はステージになっていて、そこでファッションショー(私が見た時は子供用のパーティードレスのショーをやっていて、小学生くらういの女の子がいっぱいドレスを着て歩いていて可愛かった)やら和太鼓の演奏やら、これまたなんでもアリな内容でした。

店を出してグッズを売るというより、ただ単にアートを展示しているブースも多く、会場に白い壁を設置して、そこで壁画を描くパフォーマンスをしている人も何人もいました。ピンクのサインペン1本で、画面の隅からコチコチと線画のイラストで埋めて行く「BRUNO」さんという人の壁画が凄かったです。しかもこの人、目の前でどんどん描いているのですが、石仮面みたいな仮面をかぶってるんですよ(笑) パフォーマンスの一部なんでしょうか。とても気に入ったので、100円寄付して手描きの名刺を1枚いただいてきました。HPのURLが書いてあります。石仮面で絵を描いている写真が見たい方は「Tao2Bruno」で検索するとすぐ出てきますよ。

全体としてこのデザフェス、「ファッションモンスターたちのコミケ」というか、「サブカルフリーマーケット」というか「美術系&ファッション系学生合同大文化祭」というか、かなり面白かったです。
コミケだと、人出は多いですが皆、目当てのものをゲットするとさっさと引き上げてしまうものですがこのデザフェスでは、あちこちを見て回って楽しむ、買い物を楽しむという側面が強く、個人的にはコミケよりも活気があるように感じられました(コミケの活気はさあ・・・アレは活気って言うより変な熱気?)
娘の話によると、年々参加者も入場者も増えているようで、これから注目が集まるかもしれません。
コミケを見ると毎回、「日本のコミックスの世界は裾野が広いなあ」という感慨を抱くのですが、今日も、何かよくわかんないけど日本の何かの裾野が広いと感じさせられました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/667-9cd109da

 BLOG TOP