プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう20年以上も毎週ジャンプを読んでいますが、今週号を読んでつくづく、「おもしろさって何だろう・・・」って考えてしまいました。今週の新連載、文句なく面白い。先週の新連載は駄目だった(スミマセン)。どこが違うのだろうか・・・。

「スモーキー B.B.」
新連載、タイトルもパキッとシンプルで良いですね。
前に「花咲一休」のマンガを連載していた、原作・小宮山健太、作画・河田悠治のコンビです。
一休の時はあまり魅力を感じなかったけど、今回はぐっと、一回り大きくなって帰ってきましたね。
主人公の煙爾郎をはじめ、キャラが立っているというよりは会話文がしゃれててカッコいい。
「ママにさすってもらえばいいじゃん」
「三塁踏んで故郷(ホーム)に帰れよ・・・」
などなど、セリフがいちいち立ってる。「この世は金と知恵」じゃないですが、金のために動く主人公(純粋には、金のためだけではない)というのも面白いです。
ハッピーセットのおまけみたいな影の薄い相棒が、煙爾郎のことを深く理解しているのも、定石ながらとてもいい。
主人公が寝ながら登場とか、力の片鱗をチラッと見せて次週へ、とか、「連載第一回」のパターンそのものという気がするのですが、面白いと感じるのは本当にどうしてなのか不思議です。

「磯部磯兵衛物語」
こういう感じってなんだか、昔「ガロ」に載ってた漫画みたい・・・
載せた編集の人も凄いと思う。

「食戟のソーマ」
あははは、今週は表紙を含め決め絵が4枚もあって実に濃厚ですww
でも、後ろ手に肩肉をよこして「筋も全部取っておいた」と言うソーマ君がカッコ良くて、主人公としての魅力にあふれていて、またまた(面白いって何だろう?)って考えてしまいました。ハイキューっぽく言えば、(来て欲しいところに来る)って感じですかね。本当に面白い時は、想像もしなかったところに来ますけどね。

「超能力者斉木楠雄のΨ難」
鳥束クン、久々に出たと思ったらますますゲスっぷりに磨きがかかっちゃって(笑)
表紙絵もキメ顔ですが、さりげなく「いちごオレ」のパックが置いてあるしw
(自供したな)
(これが法で裁けない悪か)
楠雄のツッコミもいちいち可笑しいですww
しかし後半の展開、強引⇒ヘタレ、の変化は女子的にアリかもしれない(笑)
(恋太郎が凄いのか依子がチョロいのか・・・)
正面から「お前スッゲー可愛いな・・・」って言われたら、ほとんどの女子は意識しちゃうよ? でも、強引すぎるのは嫌だしね? フッと懐に飛び込んでくる感じ、依子もチョロいけど恋太郎が凄いと思いますw

「ハイキュー!!」
日向クンが活躍するとやっぱり話がどんどん盛り上がる~!
見開きを多用したコマ割りも迫力満点。この漫画、くねくね悩まずに身体を動かしている時の方が断然面白い。
ラストページの日向クンの濡れた瞳と唇が色っぽすぎるのは見なかったことにします(笑)

「恋するエジソン」
大きい掃除機が小さい掃除機を吸い込んだー!
文字で書くと大した事ないけど、絵面だと「進撃の巨人」なみの迫力なんだなこれが(←比べられたくないよねw)
それにしても、スピカちゃん弟と仲良すぎ。そして弟カワイイww 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/680-d3abc3bd

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。