プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


本屋さんに行ったら、突然出ていてビックリしたー!
暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)
(2013/05)
西尾 維新

商品詳細を見る

西尾先生ってば、いつの間に着々とこんなモノを・・・。
ジャンプの「めだかボックス」連載が終わったから、時間が出来たんでしょうかね。

怪異たちと出会った春休みから12か月、それぞれ物語シリーズを彩ったヒロインたちが月替わりで登場して、アララギ君とそれぞれに個性的な会話を繰り広げてくれる連作短編集。
こうしてみると、実に多彩で楽しいです。特に前半、八九寺や神原との掛け合いを久々に楽しむことができました。ひたぎさんも、まだツンツンの頃ですから楽しい楽しい。
怪異ともいえないような、日常のちょっとした「?」に、ちょっとミステリ的な「なるほどね!」という解決がつく、そんな軽い読み味の短編が続きますが、現在進行中の「物語シリーズ」の時間軸に近づくにつれ、物語のサイドストーリーとしての側面が強くなっていき、ラストはまさかの伏線を張って、「終物語」への引きを作るあたり、軽い気持ちで読み始めたらいつの間にか足元をすくわれて転んでいたのに気付かなかった、というような読後感です。本全体の構成が、河に浮かんだ小舟がゆっくりゆっくり流されていき、徐々に早くなっていても気づかず、滝の近くになって急流に巻き込まれそのまま滝に落ちかかった所で終わる、みたいな面白い作りになっていて、それ自体が楽しめます。
個々の短編としては、4月の「こよみストーン」、ああ確かにこういう事ってあるかも! って感じです。
「こよみティー」は最後の神原のセリフがイイです。(「こよみウォーター」も、最後の神原セリフが好きだw)

「終物語」予告編としても読める本。っていうか、コレ読むとすごーく「終物語」が気になる~!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/685-a2b19dc8

 BLOG TOP