プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アナログの逆襲


元CIA職員、スノーデン氏が米国の諜報活動について暴露した事件、ありましたよね。
今時、インターネットに書かれた文字はすべてどこかで管理され、デジタル機器での会話はすべてエシュロンで盗聴されてる事なんて、暗黙の了解かと思ってましたので、あの件がニュースになったことにむしろ驚いたくらいなんですが、でもみんなが、「まあ、そうだよね。うすうす知ってたよ」なんて態度を取ってはさすがに建前上もよろしくないので、欧州各国なども非難声明を出した。と、そう思っていたのですが・・・。

ロシアの連邦警護局(旧ソ連国家保安委員会、KGBが母体。プーチン大統領ら要人のSPが所属するという)は今回の事件を受けて機密保持対策の為、ワープロ20台の購入を決めたそうです。
ロシア国防相などでは今も機密文書はワープロで作成されているそうです。よく考えたら当たり前か。むしろタイプライターの方が良くないかな?
面白いですね~。
ワールドワイドな情報網に対抗するのは、直筆やワープロなんですねw
電話機も、サザエさんの家みたいな黒電話の電話回線なら、故障も少なく盗聴の心配もない、というし。

うろ覚えですが数日前に、埼玉の病院で健康診断のデータを300人分、失くしてしまった事件がありました。職員がUSBメモリに入れて、ズボンのポケットに入れておいたら無くなっていた、というんですが、その扱いの杜撰さもさることながら、USBメモリ一個に入れてデータ管理、っていうお手軽さというか便利さがやはり仇となったという気がします。やはり面倒でも紙に書いて、あるいはせめて診断直後にその場でプリントアウトして保管しておくべきですよ。
大量の紙は処分するのもけっこう大変だけど、データは何かのはずみで、一瞬で消えてしまうし。
(バックアップをこまめに取ろうとして、うっかり白紙に戻したものを上書きしてしまったり T.T)

まあ私はもともとデジタルが苦手なので、このようなニュースを聞くと「やっぱ基本はアナログだよなあ、うんうん」などと一人でうなずいてしまうわけです。
でも今さらネットのない生活にも戻れないんだけどね・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/721-f5ac1bb4

 BLOG TOP