プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


今日、小学校の裏側の廃棄物置き場に、まだ色鮮やかで大きな地球技が10個くらいまとめて捨てられているのを見て、
「なんてもったいない事をするんだ! まだ綺麗じゃないか! 平気で税金をそうやって無駄遣いするから公務員は嫌われるんだ!」と、けっこう本気で怒りを感じていたのですが、よく考えたら自分が愚かでした。
地球儀というものは、学校の教材の中でも買い替えのサイクルがかなり早い部類なのでは。
だって私が子供の頃見ていた地球儀では、ドイツは東と西に別れていたし、ロシアはソビエト連邦だったんですよね・・・。
その後もあちこちの国が独立したり、紛争で国境が変わったり、とどまる事なく動き続けているのが世界地図というもの。せっかく新品を揃えても数年で、時代遅れになってしまうのでしょうね。
その点、天球儀というのは長持ちしそうだなァ。次に変化があるとするとオリオン座ペテルギウスの大爆発だけど、長ければ数万年先のことだしねww

そして今日、会社帰りに見た夕刊紙(日刊ゲンダイと夕刊フジだったと思います)の一面トップの見出しに、大活字で次の文字が印刷されていました。
「韓国経済底割れ デフォルトの危機」
「中国経済 影の銀行負債100兆」
うわー・・・。韓国も中国も、経済状態が悪いのは知ってたけど、とうとうこんな全国紙の見出しで一番大きな活字で出るようになっちゃったんだ・・・。
たまたま、今日は会社帰りに駅に行った(普段は自転車通勤)ので、いつも目にしない夕刊紙の見出しなどを見てしまい、驚いているわけですが。
なんだか、新聞社も今まで遠慮していたのがもう、隠しおおせる事もできなくなって、もうバラしてもいいや、って事になって、一面トップにしてしまった、そんな印象です。
中韓だけでなく、アメリカも先日デトロイト市が経営破綻していましたし、ヨーロッパのEUももう何年もずっと危機的状況のままだし、本当に、世界恐慌まで秒読み、という気がして怖いんですがその反面、そうなったら今の会社も駄目になるだろうから円満退社できるな、なんて思っちゃったりww

イギリスのウィリアム王子、生まれたばかりのロイヤルベイビー(ジョージという名前に決まったとの事)を見て一言、
「僕より髪がフサフサしていて良かったよ」
王子! その英国流ユーモアは笑えないよう(T.T)
ウィリアム王子といえば若い頃、絵に描いたような金髪の超美形王子様だったのに・・・。
しかし先日の結婚式の時に、しばらくぶりに見た彼の姿は、もはやただのハゲた中年太りのオッサン・・・。ああ年月って残酷ー!!
ってか欧米人の劣化の早さにちょっと驚愕してます。同じく超美形のモナコのアンドレア王子様(美人女優グレース・ケリーの孫にあたる)は、あの美しさが長続きして欲しいなァ・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/734-349ef225

 BLOG TOP