プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


最近の日本のサブカル系の話題で一番の衝撃は何と言ってもコレ!
エレキングさん2
その名もウルトラ怪獣擬人化シリーズ・第一弾の「エレキングさん」ww
円谷プロ公認、だそうです。

エレキングって言ったら、コレですよコレ・・・

ウルトラ怪獣シリーズ31 エレキングウルトラ怪獣シリーズ31 エレキング
(2007/12/28)
バンダイ

商品詳細を見る


どこがどう間違ってこんなアンニュイなお姉さんになっちゃうのかワケがわかりません!
しかも、フィギュアとしての完成度がやたら高いと思います。
私は普段、フィギュアにそこまで関心がなく、一般と比べてどの程度のレベルなのか分からないのですが、ちょっとけだるげな表情、肌色と黒の2色で統一された色彩、扇情的ではないのにお色気の香るポーズなど、素晴らしく高品質だと思います。

特に良いと思うのが、クリーム色に黒の「エレキング柄」。
ちょっと不規則で黒い部分の面積に変化があり、ひび割れたような感じの柄で実に新鮮かつファショナブル。
「ヒョウ柄」や「ゼブラ柄」と並んで、アニマル柄として売り出してみたい。「ホルスタイン柄」「ダルメシアン柄」まであるんですから十分いけると思う(マジで)
ってかこのまま服を作って、パリコレとかに出品してみたい。そこまで行かなくても、コスプレしたらかなりの注目度だと思います。
(遠目から見ると、肌色に黒の不規則模様なので、裸体に海藻が貼り付いているように見え、見ようによっちゃあ激エロなんですが・・・ww)

「パシフィック・リム」ショックで、日本人は狭い世界でコソコソ物づくりして、身内だけで「カッコイイ」の「萌える」のと騒いでいるけど、それじゃ駄目だよな・・・、って、少し暗い気持ちになっていたんですが、エレキングさんを見て考えが変わりました。
やはり、狭い世界をとことん突き詰めていく美学の持ち主も必要なんだな、と。
江戸時代の浮世絵が、ヨーロッパに影響を与えて回りまわって印象派を生み出したように、最初からワールドワイドを狙わなくても、好きなことだけやってた人がやがて世界を変えていくこともあるんだな、と。
えー。話が壮大になりましたが、まあ要するにエレキングさんは一部変態だけではなく誰が見てもステキなフィギュアですね、って事です。

エレキングさんの事は、当サイトよりリンクを貼らせていただいている「うはw ふぃぎゅぽん!」
さんのサイトで知りましたので、詳しく見てみたい方はそちらでどうぞ。
このサイトの左下のリンクコーナーからも行かれます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/765-3b30bfab

 BLOG TOP