プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


この夏はネットで海外の反応を読み漁るのがマイブームでして、あちこちのまとめサイトを覗いたりして気が付くと何時間も経ってたり、すっかりネットの海にはまっていました。
それで感じることなのですが、この所の韓国がらみの記事の多さは異常。
パク・クネ大統領が反日路線なこともあるのでしょうが、相変わらずの従軍慰安婦問題とか靖国問題とか、旭日旗にイチャモン付けたりとか、とにかく韓国からの日本への非難がすごい勢い。何か、韓国全体が反日で結束して現実を直視していないおかげで何とか国家がまとまっている感じ。
それに対して日本のネット住民がまたガーッと言い返したりしていて、ここ数カ月の嫌韓スレの多さはこれまた異常。

で、私のように、今まであまりこの問題に関心のなかった人間の目にもとまるようになってきたわけですが、いろんな記事を読んだ感想として、まあ正直いって韓国というのがこんなに馬鹿な国とは思っていませんでした。子供のころ、(大人ってみんな頭が良くてちゃんとしてるんだ)と思っていたのが、実際大人になってみたら馬鹿でgdgdな大人もいっぱいいる、という事に気づくように、つい最近まで国家というものはどの国でもある程度賢いものなのかと思っていました。中国や北朝鮮もちょっと馬鹿っぽいですが非常にしたたかな面もあり、ある意味知的で計算高いと思うのですが。

韓国はとにかく、国を挙げて小学校、幼稚園から反日教育をしています。だからリ・ミョンパク前大統領も、国内での支持率を上げるために「日王(天皇陛下のこと)は韓国に心から土下座したいなら来い」という、例のあっと驚く発言をしたわけで。こんな品性の低い発言で国内の支持率が上がったところで、ちょっと長い目でみたら他人をけなして人気を得るという手段は最低の手段だということに、なぜ思い至らないのか・・・。
少なくとも、ほとんどの日本人(自分含む)はこの発言で嫌韓になったんじゃないでしょうか? 韓流スター大好きだった韓国シンパの人たちさえ、この発言で嫌韓になった人多かったみたいですし。
日本人はやっぱり、天皇陛下を慕っているんだなあ、という事をしみじみ思ったりもするのですが、いやしくも一国の大統領がこんな下司な発言をするっていう事自体が醜い。

私はもともと、韓国に対して悪い感情はあまり持っていなかったのです。個人的に知っている韓国の人は普通だったし、韓国映画で「傑作!」と思うものが何本もあるし、東方神起も好きだしw
ただまあ、(韓国って何か変にからんで来るよな)というウッスラとした違和感はあったんですけど。
それが仏像盗難事件のあたりから、「もしかして、馬鹿?」と思い始めて、一度そう思い始めると彼らの言動のすべてに凄く納得できるというか(笑)、まあ控えめに言っても、韓国の人たちの発言はその場しのぎが実に多いです。過去も未来も、見ていない、という感じ。
実に、「歴史を忘れた国に未来はない」というのは名言だと思う(笑)

あれだけ反日キャンペーンをしていていながら、「韓国に来る日本人観光客が減ったのは不況のせい」とか言っているというのも馬鹿っぽい(笑)
まあとにかく、この夏、暇さえあれば嫌韓スレを読んでいた私がこの問題、語りだせばキリがないのですが、なんだか今の韓国は問題が多すぎて、放っておけば勝手に駄目になって行きそうで、哀れと言えば哀れです。
歴史上、ずっと中国の隣にあったせいで、常に強者の顔色をうかがう性質が身に付いてしまい、人間関係を常に上下で見る癖がついてしまって、エリート志向も強くって、なんだか生きてくだけでも疲れそう。

在日の問題なども含め、まだまだ言いたいことは沢山あるのですが、一言で言って、韓国には日本的な意味での美意識が無い、あるいは希薄なのでは、という気がします。
日本人だと、(こんな事言ったら見苦しいかな)とか(言い訳はみっともないな)とか、自分の言動に対してそういった美学というか美意識でもって、自分を律するところがあるのではないかと。
「どんな仕事でも全力で取り組む」というのも美意識だし、ゴミを捨てないというのも美意識だし、自分より立場が下の人に対して威張り散らさないというのも美意識。まあ、日本人でも美意識に欠ける人は多いわけだけどね・・・。一応、理想像というか「かくありたい」自分として、まず美しくありたい。

・・・というわけで、私もこの夏とうとう嫌韓の仲間入りを果たしたわけなんですが、「嫌韓」という言葉がどうもシックリ来ないんですよね。「嫌い」というほど熱い心を持てないというか。悪口を言うのも、相手と同じレベルになるみたいでイヤだし。「嫌い」って、「好き」の対義語でしょ。そういう、感情のレベルで反応するというよりむしろ、知れば知るほど、呆れかえる事が多いです。「ドン引き」というか、ちょっと距離を置きたくなる感じ。
嫌韓じゃなくて呆韓(笑)
でも、ネットのおかげで、私みたいな呆韓の人、どんどん増えてるんじゃないかと思うんですけどね。
今すぐに新大久保に言って嫌韓デモに参加する・・・というような行動を取るつもりはまったくありませんが、韓国の商品は買わなくなりましたし、ニュースや政治家を見る目も少し変わりました。(安倍首相はこの問題に関していい仕事してます) 
誰もがはっきりと気づくほど、風向きが変わるのも近いのではないかと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/767-36aee915

 BLOG TOP