プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


またまた職場のラジオから。
「ブルーオーシャン」という番組にて、「ダンナがいい歳をしてフィギュアを集めて、私が触ると怒るのですが?」というリスナーからの問いかけに、代理パーソナリティの福澤さんというお兄さんが、ダンナさんには大事なものだから許してあげてください、と言ったあとでそれに関連して、
「日本人は目の前に、自分だけの小さな世界を作るのが好き」
という名言を吐いていました。
男性だったらフィギュア以外にも鉄道模型やジオラマ、女性だったらネイルアートやキャラ弁など。ラーメンの具も、そういう物だと言っていました。

これを聞いてまたしても目からウロコが落ちる思い。
ネイルアートってずっと謎だったんですよね・・・どう見ても仕事や家事に不向きだし、けっこう高いし。でも、「仕事中に指先を見て、カワイイって思えるから好き」という声がとても多くて、正直私もお金に余裕があればやってみたいと思っていましたが、そうか、お洒落というよりも、小さな世界が我が物に出来るという事だったのか。
ラーメンの具も小さな世界、というのも分かる気がする。ラーメン丼の小さな円の中に、どんな色彩とどんな配置で美しく盛り付けていくか・・・ラーメンに限らず、日本料理すべてに通じる真理だ・・・!

男性のジオラマ好きは改めて言及するまでもありませんが、女の子もシルバニアの森の家とかリカちゃんハウスとか、はたまた雛人形のお道具とか、小さな食器や小さな家具が大好きなんです。日本人に限った話じゃない気もするけど。陶器で出来た、小さな小さな紅茶のカップのセットとか、子供のころ宝物だったもんなあ・・・。

「自分だけの小さな世界」を意識して物事を見ると、「なるほどなあ!」って思える事がすごく多い気がします。私にとっては、久々のオタク名言でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/770-41a139ac

 BLOG TOP