プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


以前、BL評論家としても名高いサンキュータツオさんが、「初心者に1冊だけBLを勧めるとしたら?」の問いに「中村明日美子さんの『同級生』。鉄板です!」と言い切っていた本をついにゲット! 
読んだどー!!

同級生 (EDGE COMIX)同級生 (EDGE COMIX)
(2008/02/15)
中村 明日美子

商品詳細を見る

腰帯についているキャッチコピーが、『まじめに、ゆっくり、恋をしよう。』
もうね、ほんとその通り! キュンキュンですわー!!

バンドやってるチャラチャラのお馬鹿男子高校生、光(ヒカル。表紙では左側)。ある日、合唱祭の練習で、秀才の利人(リヒト。右側)がちゃんと声を出して歌っていないのに気付いてしまう。リヒトは楽譜が読めず音楽が苦手なことを知ったヒカルは、毎日リヒトに歌を教えてやることにする。
お堅い奴かと思っていたリヒトの意外な素直さやちょっとした可愛さに気付くヒカルだったが、リヒトが歌を頑張っているのは音楽教師のハラセン(原先生)の為だったんじゃないのか、と思った瞬間に自分でも思ってもいなかったリヒトへの気持ちに圧倒されて・・・。

以上が発端のエピソードで、以下、約1年間、同級生として過ごす二人の揺れ動く心がつづられていくのです。初心者向けと言われているのは多分、二人が1年たってもキス以上のことができないところ。
なんか最近のBLってエロすぎて怖いよー、みたいな印象あったけど、普通に、真面目に、男の子同士で付き合うってこういう事だよなー、ってすごい納得できちゃうというかホント自然なんですよね。
やっぱ人を好きになるときって身体じゃなくて心で好きになるよね、ましてやこの子たちにとっては、これは初恋。「人を好きになるとはどういう事か」から始めてるんだから、「じゃあ次はベッドで」とはならなくて当たり前。
ヒカルは遊んでいる男の子なので、女の子との経験は多少はあるのでしょうが、リヒトに惹かれている自分を自覚してはじめて、恋心というものを知る、というあたりの心理描写もキュンキュンです。BLならでは、というか。男の子と女の子だったら、そこまで自分の気持ちに正直にならなくても勢いで、というか本能で、付き合ったりキスしたり果てはベッドインしちゃうことだってあるわけじゃないですかー(そしてそれは、一概に悪いことだとは思えない)。
男同士、ということでむしろそういう、人を好きになるときの自分でもワケわかんない心の動きがはっきり描かれていて、確かにこれは最初の1冊として鉄板だと思いました。

メガネ男子、リヒトの造形が魅力的。
精神的に脆いところがあって、電車の中で不安神経症を起こして高校受験のときに志望校に全部落ちてしまうのですね。(で、ヒカルのいるお馬鹿高校に来ているわけなんですが)
生真面目で他人に頼るのが下手で・・・。
そしておそらく、身体の線が細くてキレイで肌が白い。
ヒカルが最初にリヒトに惹かれるのは、やはりその外見的な魅力だったと思う。だって最初のキスまでの時間が短いもん(笑)

最後まで読んでも結局、ほとんど進展のないままに終わるのですが続編が出ているらしい。
卒業生-冬- (EDGE COMIX)卒業生-冬- (EDGE COMIX)
(2010/01/28)
中村 明日美子

商品詳細を見る

卒業生-春- (EDGE COMIX)卒業生-春- (EDGE COMIX)
(2010/01/28)
中村 明日美子

商品詳細を見る

↑ああっ! マズイ彼らの今後がすごい気になるッ!
本は基本、書店で手に取ってみないと買う気がおきないのですが、これはまとめてamazonか!?
メールに「イザクさんにおすすめの本」が一杯来ちゃうぞ!?

絵柄にちょっと癖がありますが、キラキラと美しい系の絵でないのも話に入って行きやすいです。
ただ、ほんとに普通の真面目な恋の話なので、淡すぎるという気もちょっとします。
私の世代だと、中学高校時代に「トーマの心臓」だとか「日出処の天子」だとかを、とりたててBLだとも思わずにごく普通に読んでいたので・・・。
(それを考えると、今時の女子中学生・高校生ってむしろウブなんじゃないかと思うw)

トーマの心臓 (小学館文庫)トーマの心臓 (小学館文庫)
(1995/08)
萩尾 望都

商品詳細を見る
美しいものに憧れる想いと悪に惹かれる気持ちと・・・。性欲というものが生まれ始める思春期の少年たちの、聖と俗とに引き裂かれる心が文学的な香りも高く描かれる。これ、中学の時に普通に友情ものだと思って読んでたもんなあ・・・。ほとんどのBLは薄く見えちゃうよなあ・・・。

日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)日出処の天子 第1巻 完全版 (MFコミックス)
(2011/11/22)
山岸 凉子

商品詳細を見る

歴史ロマンとしても滅法面白いのに、とにかくひたすら美しい絵と、恋愛に関しては一途で不器用で嫉妬深い厩戸王子&やたら素朴で鈍感な毛人の、今読むとけっこうドロドロなドラマが凄い。高校生の時、これ、普通に友情ものだと思って読んでたもんなあ・・・。ほとんどのBLは薄く見えちゃうよなあ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/813-ee0abd0f

 BLOG TOP