プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ウルトラジャンプ 2013年 11月号 [雑誌]ウルトラジャンプ 2013年 11月号 [雑誌]
(2013/10/19)
不明

商品詳細を見る

舞城王太郎×大暮維人の「バイオーグ・トリニティ」の続きが読みたくてついつい毎月買ってしまうウルジャン。
月刊誌の為か、全体に絵の密度が高くて完成度が高いマンガが多い印象です。
今月号には中国出身の黄嘉偉(ホァンジャウェイ)という作家さんの「青鳥」というタイトルの読切りが載っていましたが、大友克弘や岸本斉史などの日本人作家と、欧米のバンドデシネとの影響を等分に受けたかのような絵柄に、当然かもしれませんがまったく中国色が感じられず、(マンガ表現は国境を越えるんだなあ)という感慨を覚えました。マンガの価値観の下では、人類みな平等。ただし画力のある人のみ(笑)
でもこの人、絵はメチャ上手いけど話は中二っぽかったよ(笑)

そして、昨日5巻が出たばかりの「ジョジョリオン」が相変わらず面白いッ!!!
ヤスホちゃんには気の毒ですが「ごま蜜カフェ地獄」にはちょっと笑ってしまった。スマホの画面までごま蜜とか、警察官(?)のタロゥーの文字までごま蜜とか(笑)「カツアゲロード」に続く、杜王町の恐怖ですねw 
ガラスにブチ当たってしまうヤスホちゃん、ヒロインとしてその顔はどうなの?(笑)放送事故レベルなんですけど(笑)
そして、まさかのレ〇プ未遂!? いやー、ウルジャンて大人の雑誌なんですねー。
でも何しろ相手が常秀なんで、まあクダラナイ事しか起きないだろうな、というのは前もってわかっちゃうんですけどw 「ナットキングコール」は女の子の服を脱がせるのにも便利に使える模様ww
常秀などより、最後の眼だけ見えてる人の方が怖いです。
あと、警察官(?)の車にワンピースグッズが多くて可笑しいです。ミラーから下がってるルフィといい、カーテン留めのチョッパーといい、微妙に悪意を感じます(笑)

「バイオーグ・トリニティ」の感想は例によってさきほど「第B地区」に書いてきましたが、
「極子のおっぱいがライトになるのがスゲかった」
と書くのを忘れていましたのでここに書きとめておきますww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/817-0e495fe0

 BLOG TOP