プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


コミックス「ピンポン」があまりにツボに入ってきたので、映画の「ピンポン」も借りてきて見ました。
2002年の映画、今ごろ感想を書くのもどうかと思われますが期待以上の面白さだったのでやはり書きます。

まず、本当に今さらなのですが、ペコ役の窪塚洋介が神がかってます。
このころ彼はドラマ「池袋ウエストゲートパーク」のキング役で一世を風靡し、役者として乗りに乗っていました。「池袋~」の時もそうでしたが、身体の動きが半端じゃない。
「ムチのようにしなる身体」という表現がありますが、本当に、関節が逆に曲がってるんじゃないかと思うような動きです。CG処理もある程度なされているのでしょうが、全身バネというか全身ムチというか、とにかく「凄いものを見た」としか言いようがない。
更に「ペコ」という子供がそのまま高校生になったような松本大洋先生の大好きな「イノセントな子供」っぽさを原作以上に全身で表現していて、この役にこの時期出会ったのは彼自身にとってもペコにとっても僥倖だったなあ、としみじみと思います。

ペコにすっかり喰われて可哀想だったのがスマイル役のARATA。
この役者、地味ながらあちこちに出ていて割と好感をもっていたのですが(「空気人形」は良かった~!)、窪塚と並ぶとどうしても身体のキレに見劣りが・・・(落涙)
身体で語る映画なのでね、ちょっとペコに喰われちゃいましたね。
映画「デスノート」で、藤原竜也(キラ役)が松山ケンイチ(エル役)にすっかり喰われた時のようなもんです。どっちかっていうと松ケンより藤原竜也のほうが普段は好きですけどね。「カイジ」も良かったし。(最近私の好きなジョーク・・・「パーティー会場で藤原竜也を見たら、死亡フラグが立ったと思え!」)

あと、竹中直人(バタフライジョー役)は私、あのあざとさが苦手なのでこれもミスキャストかと。
あとは全員、適役でした。とくにドラゴン役の中村獅童はよかったですね。「身体のキレが・・・」とかブツブツ言わせない、圧倒的で重厚な存在感。いい役者です。(ひとりの男としては、どうかと思うが・・・)

映画全体、音楽の使い方や画面の入り方がとても洒落ていて、テンポも良くて、一旦見始めたらまばたきもせず見入ってしまう、ぐんぐん引き込む力があります。
コミックスの次巻を待たずして結末を知ってしまったのは残念ですが、こんなに面白いものを見せられたら文句は言えません。

どうしてこの映画、今まで手をつけてなかったかというと、2002年当時は自分、まだ日本映画を軽く見ていたのですよ。古い映画好きは、洋画じゃなきゃ映画じゃない! という青春を過ごしているんです。
今は、ハリウッドより日本映画のほうが絶対勢いがあって面白いですよね。韓国映画もいいですが。
この映画、クドカン(宮藤官九郎)の映画なので、このころから日本映画は上り調子だったのかな。
とにかく、ここ数週間で見た映画の中ではピカイチでした。
本当に、今さらなのですが。


【腐女子のための萌え萌え付録】
顧問の先生(バタフライジョー)が竹中直人なのが気に入らない、と書きましたが、じゃあ誰がいい? って考えると、田中泯さんなのねこれが。
同じく松本大洋原作のアニメ「鉄コンキンクリート」で、鈴木の声やってた人。「メゾン・ド・ヒミコ」のヒミコ役だった、っていえば分かるかな?
あの、低く淡々とした声で、
「君は私の犬になるのだよ、Mr.月本」(月本・・・スマイル君の苗字)
「デートしよう、Mr.月本」
「君は負ける、Mr.月本」
・・・・
やっべえ書いてるだけで鼻血出てきた・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/82-b42f9b68

 BLOG TOP