プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


石田徹也遺作集石田徹也遺作集
(2006/05)
石田 徹也

商品詳細を見る

映画を見に飯田橋まで行き、帰りに駅前の本屋さんにはいったところ、画集を多く置いてある店でした。
中でも目を引いたのがこの本。
この人の絵を最初に見たのは、映画にもなった「俺俺」(亀梨和也主演)の原作本の表紙を図書館で見てあまりのインパクトについ借りて読んでしまった(面白かったです)時でした。

俺俺 (新潮文庫)俺俺 (新潮文庫)
(2013/03/28)
星野 智幸

商品詳細を見る

タッチはやや野暮ったく、人物が無表情で情景がシュールな、一度目にすると忘れられない作風で、それ以来あちこちで使われているのを目にするようになりましたが、もう、とうに亡くなられた画家だったのですね。

画集として1冊にまとまっているのを見ると、なにか、絶望の深さとでも言うようなものが全体に漂っていて、こんな絵を描きつづけていたらおかしくなってしまうだろうな、と思いました。今、この記事を書くためにこの人の死因を調べていたら、踏切事故でしたが本当は自殺ではないかと言われているようです。なんと31歳の若さで亡くなっています・・・。

色使いは地味でマグリットを思わせる、静謐でシュールな絵柄なのですが、なにぶんどの絵も「狂ってる・・・」としか言いようのない絵なんです。しかもどの絵も、生きる悲しみのようなものが伝わってきます。
同時代に、こんな凄い絵を描き続けた人がいたというだけでも驚きです。
ここに貼った表紙絵を見て興味を持った人は、ぜひ画像を探すなり画集を手にとるなりして、この夭折の鬼才の世界にハマッてください。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/820-0b081385

 BLOG TOP