プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

お江戸のBL事情


以前に、江戸時代のオタクについて(八犬伝や水滸伝の女体化同人本まであったというから笑っちまう)記事を書いたのですが、オタクがいれば腐女子も当然いたんですね、という話題。

江戸時代から戦前まで、人気で幾度も上演を重ねたという歌舞伎演目「染模様恩愛御書( そめもようちゅうぎのごしゅいん)」。
私は知らなかったのですが、コレが2010年に「BL歌舞伎」として公開されていたという(笑)

some1.jpg
(↑笑っちゃうくらい、まさにBLど真ん中)

現代のfu女子が見てももちろんBLなのですが、江戸時代の女の子たちも「うっとり~vv」と言いながら見ていたらしいのですね、コレ。
どんな話かと言いますと、「燃えさかる宝蔵に飛び込み、お家の重宝を割腹し腹中に入れて守護した(!!!)」という細川家の家臣・大川友右衛門(おおかわともえもん)の伝説をもとに、この友右衛門と、同じく細川家に仕える小姓である印南数馬(いんなみかずま)との純愛をからめた話らしい。友右衛門が炎に包まれた宝蔵に飛び込むのがクライマックスシーンのようです。

①友右衛門、数馬と出会い一目惚れ 
②友右衛門、身分を隠して数馬の職場である細川家に就職、相思相愛に
③衝撃のベッドシーン(シルエットで表現されているらしいw) 
④数馬に恋する細川家の腰元・あざみが二人の逢引きを目撃してショックを受け、殿様に報告
⑤友右衛門と数馬が殿様に呼び出されて危うく打ち首に
⑥そして・・・
とまあ、こんな感じで話が展開するらしいのですが・・・。
戦後、上演が途絶えていたのは、衆道がテーマという事でアメリカの進駐軍の顰蹙を買ったからなのでしょうか(笑)

ポスターを見ている限りでは、「あー、やっぱこういうのって脈々と続いてきてるんだな」という感触を受け、大いに納得のいく気持ちです。
ってかこの演目の浮世絵、欲しいな~w 
当時の女の子たちがキャアキャア言いながら浮世絵を見ている姿が目に浮かびますww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/824-ee3c6125

 BLOG TOP