プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


人は何のために働くのか・・・。
終わらない仕事。遅くなる帰宅時間。重くなる責任。理不尽に受ける叱責。上がらない給料。もらえないボーナス。辞めてゆく同僚。他者の分までする謝罪。悪化する視力。慢性化する疲労。溜まる家事。無責任な上司・・・。

もうほんと、私がバツイチで娘二人を扶養する立場じゃなかったら、とっくに辞めてたと思うんですよ今の会社w
(「別れたダンナから、子供の養育費もらってないの? それは子供の権利なんだからもらわなきゃ駄目だよ」と忠告してくれる人がたまにいるけど、別れてから養育費を払い続けるような責任感の強いダンナなら、そもそも別れなくても良かったんだってばww)
そもそも、家から近いのとまあまあ安定してるので選んだ会社で、仕事の内容が好きだからとかやりたかった仕事だからとかではないし。(子供が病気になった時や災害時、学校に迎えに行ったりするので、一人親にとって職場が家から近い事は大事)

それでも、「仕事の報酬は仕事」とは良くいったもので、擦り切れるような毎日でも、うまくあちこちに手を回して、お客に満足してもらって「ありがとう」と言ってもらった時や、「無理~!」と思ったような量の仕事を何とか期日までに仕上げて、チェックして完璧だった時など、「ヤッター!」と思わず声に出してしまうような充実感や満足感があり、選んで始めた仕事ではないけれど、それなりの面白さややりがいも、やはりそこにはあるんです。
「日本人は働くのが好き」とよく言われますが、やっぱり仕事はそれ自体が面白いんですよね。仕事仲間がいれば、尚更です。宝くじなどで突然お金持ちになっても、やっぱり何かしら忙しく働いていたいです。
自分、料理はまあ好きだけど、片付けや掃除が苦手で家事能力がないのですが「働いてるんだからしょーがないよねー」という言い訳ができる所も有難いです。

・・・とでも思わなきゃやってらんねえよドチクショー!!!
(ちなみに明日も土曜出勤だー!!! 仕事の報酬は金だー!!!)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/840-299ec0e4

 BLOG TOP