プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)
(2013/12/04)
村田 雄介

商品詳細を見る


今回の表紙になっているのは、弱小ヒーローの「無免ライダー」。
「正義の自転車乗り」を名乗り、仮面ライダーベルトのようなベルト(おそらく手作り)を着けた、いかにも「子供の時からヒーローに憧れてヒーローの真似事をしている一般人」というキャラです。
しかし5巻は、この無免ライダーが熱いんだわあ・・・。

強大な敵「深海王」に、ヒーロー連盟のヒーローたちもまったく歯が立たず、街の人々はシェルターに避難して何とか深海王の襲撃をやりすごそうとする。しかしその強固なはずのシェルターの外壁さえ、深海王によってあっけなく破壊され・・・

4巻で、自分が悪者になることを厭わないサイタマの姿に、真のヒーローとは何かを考えさせられましたが、この5巻での無免ライダーの姿には別の意味で、「真のヒーローとは何か」を考えさせられました。
とにかく弱いんですよ無免ライダーは(笑)
でも、圧倒的な力の差などまったく考慮せずに、倒されても倒されても怖気づかずに立ち向かっていくんですね。その姿には、サイタマも「ナイスファイト」と称賛の声を送るほど。
「弱い」という事さえ無視すれば、彼こそがこの漫画で一番ヒーローらしいヒーローと言えるかと思います。
(ヘルメットを脱いだら、実はイケメン眼鏡男子だったことも、私の中で高評価www)

そして、またも自分が悪者になることによって、戦いに倒れたヒーローたちを守ろうとするサイタマ・・・。
その真意に気付くのは、今回もジェノスだけ。

そしてヤラレキャラが板について来たジェノスちゃんのヤラレっぷりが、今週も酷いの~!
女の子をかばって、溶解液みたいの浴びちゃうの~!
私はヤラレキャラは痛そうすぎて普段は苦手なんですけど(昔「筋肉マン」を読んでいて中華マンの手足がすぐ取れちゃうところとか、トラウマになりそうなほど嫌だった)ジェノスはサイボーグなのでヤラレてもあまり痛そうじゃないし、次の週にはしれっとすぐに治ってるとこが良くて(包帯姿とか松葉杖とか皆無)、純粋(?)にヤラレっぷりを愉しめるんですよ~。
でもって、コミックスのカバーをはずした裏表紙に、メンテナンス中のジェノスが描かれているんだけど、この絵のあまりのエロさに思わず「フゴッ」とか変な声が出ちゃいましたよ! もうこの絵一枚で薄い本が3冊くらい作れちゃうよ! 村田先生、分かっててやってるのか何も気付いていないのかどっちなんだー!!
しかしジェノスだったら、こういう状況になっても別に不自然じゃないわけで・・・ギャグキャラとしても最近冴えてるし、ほんとオイシイ奴だわジェノスちゃん大好きwww

コマ割りが大きすぎて、話があまり進まないというか、あっという間に読めてしまうのが難といえば難ですが、この勢いと熱さは凄い。面白いです。オススメです。売れ行きも凄いみたいです!

P.S.
巻末の4コマが無慈悲すぎワロタwww

1~3巻感想
4巻感想
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/867-4de49d46

 BLOG TOP