プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


年末恒例、「このマンガがすごい! オトコ編」の1位が「暗殺教室」だったわけですが・・・納得できん。
マンガをそこまで手びろく読んでいるわけじゃないけど、ほとんど「少年ジャンプ」しか読んでないけど、暗殺教室ってそんなに面白いですか?
最初のアイデアが凄いのは認めるけど、その後は特にストーリーの展開がなく、学園もののいい話が続いていて、どっちかというと「地獄先生ぬ~べ~」みたいな漫画じゃないですか?
いやもちろん、それでも普通に安定して毎週面白いけど、年間1位を取るような、心奪われるような圧倒的な面白さがある漫画でしょうか?
(ちなみに、個人的にここ数年で圧倒的に面白いと感じた少年マンガは、「デスノート」の前半と「アイシールド21」の前半、「ボボボーボ・ボーボボ」12巻あたりまで)
「このマンガがすごい!」に取り上げられてる漫画をそもそもほとんど知らないのですが、たまに知ってる漫画が載っていても「え~~~!!??」と思う事が多いです。「バクマン」がランクインしてたのも「え~~~!!??」だった。アレは小畑・大場先生の無駄遣いだったと思っています。
「進撃の巨人」も、未だにどこが面白いのか分からないしなあ。
漫画に関しては、世間の評判よりも自分の趣味を信じろという事ですかね・・・?

さて、そんな世間とズレた趣味のイザクが今一番ジャンプで面白いと思っているのが、
「ハイキュー!!」。
ツッキーって、頭が良すぎて意味のない事ができない奴なんですが、私もどちらかというとそういうメンタリティの持ち主なので、すごく彼には共感できちゃうんです。映画「桐島、部活やめるってよ」もそういう話でしたね。
自分の力で相手を叩き伏せる快感に目覚めつつあるツッキー、「キル・ブロック」のときの黒く塗られた腕も大迫力ですね! 
あと、「ただの部活」「タダ・ノブカツ君か・・・!」のやり取りも可笑しかったですwww

「うるし」
新人さんの読み切りですが、何もイメージが湧かない、このタイトルは良くないんじゃないでしょうか?
「学業から逃げ 労働から逃げ 逃げた先のマンガも 意外と苦しい 悲しい」って書いてあるのがリアルすぎて泣けます。「闇みつを」ですね(笑)
うるし君がブラック・ジャックと「デスノート」のメロに似すぎている時点でちょっとアウトっぽいですが、構成も上手いし絵柄も荒っぽいけど迫力があって良い感じです。ライバルキャラの髪型も凄い。

「磯部磯兵衛物語」
494~495p、春画を引っ張り合う磯兵衛と中島の見開き、仲間先生の画力をまざまざと見せつけられましたね。一幅の浮世絵のような美しさ(半分以上マジ)。
それにしても、北斎の「鉄棒ぬらぬら」というペンネームは凄すぎる。で、描いてる絵が例のタコの触手責めの春画・・・。
江戸時代の薄い本事情にますます興味深々です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/872-00dc7fc8

 BLOG TOP