プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


兵庫県尼崎市でまた酷い事件が。

<長女(14)に交際を迫った中学3年男子(15)を自宅に監禁し、性的虐待をしたなどとして、兵庫県警は10日までに、監禁と強制わいせつの疑いで、同県尼崎市浜田町、無職沖野玉枝容疑者(43)と県内の14~18歳の少年少女6人の計7人を逮捕。ほかに中学生2人を児童相談所に通告した。
 県警によると、男子は沖野容疑者の長女との交際をめぐり、トラブルになっていた。県警は、沖野容疑者が少年らに虐待を指示し、主導していたとみている。一部の少年は「金属バットで脅され、平手打ちをされた」と説明している。>

監禁された中学生男子も気の毒ですが、加害者の家にいた少年少女たちも、加害者のオバさんに暴力を受け、マインドコントロールされていたようです。これ読んで思い出すのが、尼崎連続変死事件。角田容疑者の自殺で、何となくウヤムヤになってしまった、後味の超悪い事件でした。この事件のころ、私はまだ嫌韓になっておらず、在日朝鮮人の凶悪犯罪などのことも知らなかったのですが、尼崎市といえば在日居住率が高く、角田容疑者というのも在日朝鮮人であったそうなのです(従兄弟に李という韓国人がいて数年前まで服役していたとのこと)。
「角田美代子」というのはもちろん通名です。(この一例を考えても、在日の通名制度、特に日本人の名前を付けてしまう通名がいかに危険かが分かる)
今回の事件も、少年少女たちへの支配力のふるい方、性的虐待の陰湿さなどが角田美代子の事件を彷彿とさせ、容疑者の名前が「沖野玉枝」であるにもかかわらず、在日の犯罪なのではないかと疑ってしまうのですが・・・。
通名さえなければ、容疑者の名前が「沖野玉枝」であるならば日本のオバさんの犯罪とすぐに分かるし、私みたいに(尼崎だし、もしかして在日の犯罪なのでは)などとあらぬ疑いを持つ人もいなくなるのに。在日が全員悪人とは思っていませんが(個人的に知っている在日の人はいい人ばかりでした)、通名を悪用した一部の人のせいで、在日全体のイメージが悪くなり、濡れ衣を着せられることすらあるという事を、在日の人たち自身の声で発してもらえたらなあ、と思います。

嫌韓サイトの読み過ぎで、日本で起きる「うわー、これは酷い」という事件の大半は、在日朝鮮人の仕業なんじゃないかとすら思うようになってしまいました。この疑いを晴らすには、通名廃止しかないと思うのですが・・・。でも特定秘密法案が成立したおかげで、このへんの不透明なマスコミの偏向報道も少しづつ正されていくらしいので、少しだけ安心してます。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/873-48207898

 BLOG TOP