プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


新年、神奈川で老人用マンションに住んでいる老齢の母を我が家に招き、何泊かしてもらう予定なのです。
せっかくなので、新年の皇居の天皇陛下の祝賀(俗にいう「お手振り」)に連れていきたいなあと思い、今日、娘と二人で下見に行ってきました。東京に住んで30年近くなりますが、二重橋方面から皇居に行くのは初めてです。

ネットで調べると二重橋が当日の入り口、東京駅からは徒歩11分とのこと。
東京駅は丸の内南口から出るのが一番近いようです。丸の内南口には、近年修復されたばかりの、大理石の彫刻が飾られたレンガ作りの美しいドームがあり(丸の内北口にあるものと対になっている)、母にこのドームを見せることができるのも嬉しいオプションです。
足が弱っている母のために、当日は東京駅からタクシーを使うとして、今日は歩いて行ってみよう、と考えたのが甘かった。
皇居って、だだっ広いですね・・・。
東京の中心に、こんなにも遠近感が狂うほど何もない土地が延々と続く場所があろうとは。
「二重橋前」から実際に二重橋へと至る道がまた、何もなく延々と続くんですね。後から足の疲れがジワジワ来ましたw

そして二重橋は、島倉千代子の名曲「東京だよ おっ母さん」に出てくる、
♪ここが ここが 二重橋 記念の写真を撮りましょうね♪
というフレーズそのものの、非常に美しく静かな威容に満ちた場所でした。
二重橋の手前に別の大きな橋があり、その奥に重そうな閉ざされた門がありました。その門の両側には、金モールのついた制服・制帽に身を固めた警備員が二人、微動だにせずに立って門を警護しているのでした。
その二人があまりにも動かないので、私と娘はもしかして人形なのではないかと思い、しばらくじっと見つめていたのですが、やっぱり微動だにしませんでした。でも、あの二人はおそらく武道の有段者で、誰か狼藉者があの門に近寄ったら、一瞬のうちにそいつを取り押さえるのに違いありません。カッコイイ~!

そばにいた警備のオジサンに聞いたら、1/2の祝賀の日は、その門が開いてずっと中まで入れるとのこと。10:10、11:00、11:50、1:30、2:20の、5回のお手振りがあるのですが、10:10の第一回のときは右翼が大勢来て込み合ってうるさいので、2回目以降がいいですよ、という事まで教えてもらいました。これでもう、準備は万全です。
母も陛下も高齢なので、やはり行かれるうちに新年祝賀には行っておきたかったのですが、来年こそ、一つ親孝行が出来そうです。

さて、娘と私はそのあと、歩いて駅へと戻りましたが途中に、またもや都会のオアシス、桃源郷を発見!
水道橋のラクーア飯田橋のカナルカフェに続く、第3弾です。
それは<三菱美術館一号館の中庭>。
丸の内南口から徒歩3分くらい?
背の高いオフィスビルが立ち並ぶ真っただ中に、レンガ作りの三菱美術館があり、さらにその裏には、秘密の花園のような小ぢんまりとした中庭が。
噴水と現代彫刻とゆるい坂のある順路と、イタリアンレストランのオープンカフェのあるこの中庭を一目見た時、「時オカの森の神殿の中庭だ!」と思いましたw
そう、ゼルダの伝説シリーズの最高傑作、「時のオカリナ」のダンジョンの中でも私が一番好きな森の神殿です。
だって、大きな柱にびっしり草が生えてたりするんだもんw リンクなら絶対、そこ登りたくなるってww

周囲を背の高いビルに囲まれていて、ちょっとした秘密の場所めいているのも実に好ましく、夏の夕暮れなどにピザを食べながらビールを飲んだら、また格別かと思われます。
まあ、東京駅に行くこと自体があんまり無いんだけど、覚えておこう三菱美術館中庭!

そのあと、姉の一家と兄の一家、そして母の暮らすマンションのスタッフさん達へ渡す年賀のお菓子を買いに、東京駅八重洲口の大丸ビル一階お菓子売り場へ。
物凄い混雑。東京駅から帰省する人たちが、東京みやげを買い求めている模様。
私はここで売っている、ヴィタメール(WITTAMER。ベルギーの菓子屋)のマカダミア・ショコラというチョコのかかったクッキーが大好物なので、よくお使い物にも買うのですが、今日が一番混雑していたなあ。

更に娘と、浜松町のポケモンセンターまで足を伸ばしました。
昔、子供たちが小さかった頃はポケモンセンターは東京八重洲口にあり、しかも狭くて、入店するのに1時間以上待つのもザラでした。新しく浜松町に移ってからは、今日が行くのは初めてでしたが、広くなったのはもちろんの事、グッズの質量ともに充実していることにも驚き。
舞浜駅のボン・ボヤージュ(ディズニーランドで売っているグッズが、ランドに入場しないでも買える便利な店w)のグッズ展開よりレベルが高いです。下手をすると、サンリオショップよりも・・・。
可愛さのツボを知り尽くしたデザイナーが多数参戦している模様。
ポケモン好きな人がうっかり入店すると、あっという間にゆきちが出て行くと思われますのでご注意ください。
レジの行列が物凄かったので諦めましたが、私も、クリアファイルとノート欲しかった・・・

さて、私たちの旅は更に続き、両国へ。
1月、大相撲の初場所を友人と見に行く予定なのでまずその下見をし、更に、新しく出来たというレオ・レオーニのショップ「ドリーム・ぽけっと」に向かいました。
レオ・レオーニって、「スイミー」を教科書で読んで知っている人が多いのではないかな?

レオ・レオニ iPhone5 ケース スイミーレオ・レオニ iPhone5 ケース スイミー
(2012/12/06)
ワタナベ

商品詳細を見る

↑目の黒い所がスイミーですね。
私は、「アレクサンダとぜんまいねずみ」が好き。友情ものだし(笑)
子供のころから、レオ・レオーニの絵はカワイくて大好きです。

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなしアレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
(1975/04/01)
レオ・レオニ

商品詳細を見る

ぜんまいねずみグッズもあると聞いて、楽しみにしていたのに・・・
両国駅から北斎通りを錦糸町方向に歩くこと15分・・・
なんと、年末で閉まっていた~! コルァ! まだ12/29だぞ! やる気あんのか!

更に最後は、小岩に帰ってきてから駅近にある温泉施設「湯宴らんど」へ。
お正月、母を連れていくのに良いのではと思いその下見。
2,415円で各種お風呂に入り放題、レストルームで眠り放題、ついでに、常設の舞台で旅芸人さんの御芝居が見られるという、かなりお得な施設。残念ながら、今日は休演日でお芝居は見られませんでしたが、オプションで735円払って岩盤浴を満喫し、お肌ピカピカになって家に帰ってきました。

いや~、東京人の1日だった~!
(行く先々で、コミケ帰りの大きな紙袋を持った人とすれ違ったのにはちょっと笑った)
しかし疲れた~!
明日からいよいよ大掃除です。が、がんばる・・・よ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/885-18e288c8

 BLOG TOP