プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブラックライダーブラックライダー
(2013/09/20)
東山 彰良

商品詳細を見る

「このミステリーがすごい2014」で見事3位に輝いた作品ですが、どっちかというと広義のSFに近い感じでミステリ要素は希薄です。

6・16と呼ばれる近未来の核戦争(?詳細は描写されていない)によって現代文明が崩壊し、飢餓が蔓延。人がお互い殺し合って人肉食が横行していたアメリカ中西部。家畜は死に絶えるが、牛と人の遺伝子をかけあわせた新種の牛が開発され、ようやく食糧事情は改善されつつある。
無法地帯と化したアメリカ中西部は、完全に西部劇の世界に逆戻り。主人公の保安官バード・ゲイジは馬泥棒の一味を追う事に。
もう一人の主人公、ジョアン・メロヂーヤは「牛」と人間との間に生まれ、たまたま高い知的能力を持ってしまった少年。
「牛腹」とも「ユダの牛」とも蔑称されるジョアンは、その高い知能と理性とで、蔓延し始めた寄生虫の被害を最小に食い止めようと彼なりに努力するうちに、やがて宗教的指導者の地位に祭り上げられていく・・・。

あらすじを読めばわかるように、映画「エル・トポ」にも似た、アメリカ中西部やメキシコの、グロい西部劇と宗教劇が違和感なく噛みあった、何とも凄まじい世界観です。ちょっと「風の谷のナウシカ」に似た所もあります。まずこの世界にグイグイ引き込まれます。特に、牛から生まれたジョアンの成長を描く章の面白さは圧倒的。
殺伐とした世界で、憎しみの連鎖の果てに愛するものを失い続ける登場人物たちの運命も哀れです。
ちょっとグロ要素が多すぎて、「ここまでやるとかえって薄くて、ラノベっぽくないか?」と思ってしまう時もありましたが、この長さでこの密度、この濃さはただごとではありません。好き嫌いはあるでしょうが、SF好きなら必読と言っていいかと思います。

表紙絵からして宗教寄りなのですが、内容的にはもっと「ヒャッハー!」な西部劇の側面が強いです。みんな、平均寿命がメチャクチャ短そう(笑)
そしてこの本は、天地と小口が黒く染められ、本のページも禍々しく黒く染まりかけています。(端の行はそのせいで字が読みづらいです)本を手に取った時は「えらい大仰だなオイ」と思いましたが、この装丁にふさわしい内容でした。

個人的には、途中でチラッと出てきた一人目のジョアンや、不吉な少女ヨアリのその後が気になるところですが・・・。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/890-62b2945b

 BLOG TOP