プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 (じっぴコンパクト新書)本当はこんなに面白い「おくのほそ道」 (じっぴコンパクト新書)
(2014/01/11)
安田 登

商品詳細を見る

本屋さんでちょっと立ち読みしたらすごく面白かったんだけど、給料日前なので買えませんでした・・・(T.T)

著者の安田登さんという方は、本業がなんと能役者で、ゲーム関係の著書もありプレステのゲームの企画に関わったこともあるという、大変おもしろい経歴の人です。「能役者」という古典的・伝統的なものの見方と、ゲーマー的なものの見方と両側から同時に見たら、こんな本できたよ、という目からウロコな本。

まず、奥の細道に旅立つ芭蕉の、教科書などによく載っている黒い袈裟みたいな衣装、あれは僧形らしいのですがお坊さんでもない芭蕉がなぜ僧形なのかというと、過去に同じミッションの為に探索の旅に出た偉大な先達、西行法師を模したコスプレなんだそうです。
西行は旅をつづけながら歌を詠んだ人ですが、その旅の目的は崇徳天皇の鎮魂にあったのだそうな。(日本史に詳しくないので知りませんでしたが、崇徳天皇は「日本最大の祟り神」とか「日本三大悪妖怪」とか言われている悪霊だったらしい)
この本によれば、「奥の細道」の旅はそもそも「源義経の霊を鎮魂する」という壮大なミッションをクリアするためのRPG。途中でジョブチェンジエネルギーの回復、そしてラスボスとの遭遇、などなどRPGの要素がテンコ盛り。
そして「奥の細道」は、芭蕉がゲームマスターとなって門人をゲームの世界(迷宮に迷い込み、行く先々で詩人の魂や亡き人の霊と出会う。怪物と戦う代わりに、詩人の魂と交流をし、怨霊を鎮魂し、四季の景色を愛でて、名所を一見する)にいざなうテキストなのだとか。

・・・という視点で読み解く「奥の細道」。面白そうでしょ? 面白そうです!
給料が出たらもうちょっとちゃんと読みます(T.T)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/906-6cd8246e

 BLOG TOP