プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [DVD]プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 [DVD]
(2014/01/07)
ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー 他

商品詳細を見る

ライアン・ゴスリング主演、デレク・シアンフランス監督。
「ドライブ」のあの黄金コンビが再び組んで放ったヒューマンドラマ。親の因果が子に報い、十数年の時を経て宿命に翻弄される人々の姿を描く140分の長尺映画ですが、緊密なドラマに引き込まれて、長さを感じる暇もありませんでした。

ライアン・ゴスリングが相変わらずハンサムです。っていうかこの映画で役名がズバリ「ハンサム・ルーク」!
抜群の腕を持つバイク乗りのルークは、移動サーカスのバイクショーの花形スター。1年ぶりに戻ってきた町で、以前遊んだ女(ロミーナ)と出会う。ルークが旅を続けている間に、ロミーナはルークの息子を出産していた。そして、赤ん坊を抱えた彼女をそのまま愛してくれる優しい男、コフィと所帯をもって暮らしていた。
自分に息子がいた事に衝撃を受けたルークは、ロミーナへの想いと息子への愛をはっきりと自覚し、サーカスを辞めて町に定住し、ロミーナや息子と暮らしたいと願う。大金があればロミーナを振り向かせることができると思ったルークは銀行強盗を繰り返し、とうとう警官に射殺されてしまう。
ルークを射殺した警官はヒーロー扱いを受け、順調に出世していく。
十数年後。警官の息子とルークの息子(ジェイソン)は、高校の同級生。
母親のロミーナはルークの事をジェイソンに秘密にしていたが、やがてジェイソンは父親の事を知り、そして・・・

ルークという男が「ドライブ」と同じく、人を愛することに不器用というか、生き方が不器用な男なのです。悪気が無いのはわかるのですが、でも、せっかく新しい所帯を持って前向きに暮らしているロミーナを付け回すなど、迷惑千万のストーカーぶり。そして愛をお金でしか表現できず、その金すら真面目に働いて稼ぐことが出来ず、銀行強盗を繰り返してしまう駄目男ぶり。
対して、そのルークを射殺した警官エイブリー(ブラッドリー・チャールズ・クーパー。「ハングオーバー」シリーズのフィルでおなじみw)は、同僚を裏切り出世街道に乗る。
対照的な二人の、同い年の息子たちが父親同士の間に何があったかを知らぬまま友達となり、そして・・・、という、親子二代の「エデンの東」とか「嵐が丘」を連想させるドラマチックな作りになっています。
少年らしいナイーブさが光ったジェイソン役のデイン・デハーンは、今ハリウッドの若手の注目株ですが、何と「アメージング・スパイダーマン2」ではハリー・オズボーン役で登場するんですよね!
映画館で「アメージング・スパイダーマン2」の予告見ていて、ハリー役の子がメッチャ恰好良いので「誰だ誰だ」と我が家で大騒ぎ(笑)になっていたんですが、この子だったのねー。デイン・デハーン。面白い名前だな。覚えましたぞ。「クロニクル」という映画にも出ているらしい。見なくては。
ジェイソンは父親役のコフィに愛されているのですが、でもやっぱり自分の実の父親の事が知りたいのね。そこには理屈を超えた血の絆があるのね。そして、自分の生き方を左右するのはやはり実の父親の生き方なのね・・・。
家を出て独立する年頃の少年の、自分はどこから来てどこへ行くのか、自分は何者なのか、という問いかけが、父親のことを調べる行動につながっています。

更に、ロミーナ役は私が大好きな小粋なラブコメ、「最後の恋のはじめ方」で小生意気なヒロインを演じていたエヴァ・メンデス。

最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション [DVD]最後の恋のはじめ方 コレクターズ・エディション [DVD]
(2011/01/12)
ウィル・スミス、エヴァ・メンデス 他

商品詳細を見る
(↑ウィル・スミスの映画で一番好き。彼の都会的でスマートな持ち味が遺憾なく発揮されています。ラスト、みんなで踊りまくる至福のハッピーエンドも、後味がとても良い)

こうして見ると、俳優陣だけでも実に豪華で、売れっ子の監督が売れっ子のスターを使って作った旬の映画でもあります。こういう、二代にわたる愛と宿命のドラマっていうのは映画の王道中の王道という気がするのですが、今時っぽい軽さも感じられて、監督の腕の冴えと自信の程をまざまざと見せつける映画に仕上がっております。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/911-0590d2bf

 BLOG TOP