プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


2/9は都知事選です。東京都民ですが、その日は会社の社員旅行のため、今回はじめて期日前投票というのをやってみようと思っています。なにせ今回の選挙は日本の行く末を左右する大事な選挙だと思うので。

っていうか、猪瀬都知事で良かったのに、何で辞めさせちゃったんですかね? 私の感覚だと、政治家たるもの5千万くらいの個人献金は普通じゃないかと・・・。もらった後、特別に便宜を計るようなことがなきゃいいんでしょ。
例えば今の都知事選で、田母神さんに頑張ってもらいたいな、と思ってどこぞの富豪が5千万寄付したとして、それは田母神さんの姿勢に共鳴して、経済的に彼の力になりたい、と思うから寄付するわけで、「当選したあかつきには我が社を御贔屓に」なんて思って寄付するわけじゃないでしょ。
自分に出来る方法で政治家の力になりたい、政治に参加したい、という気持ちの表れだと思うし、そういう綺麗な(?)寄付や献金というものも多くあると思うのよ。まあ実際は汚い寄付もいっぱいあるんだろうけど。
(猪瀬さんのは汚かったのかもしれないけど、でも「たかが5千万くらいで・・・」って思っちゃう私は政治を見る目の基本が間違っているんだろうか・・・)

そしてマスコミは枡添×細川の一騎打ち、という論調なのですが、私はもちろんネトウヨなので田母神一択です。
ちょっと極端な事を言ったりもしますが、この人以外の有力候補は皆、外国人参政権推進派なので、もうその一点だけでも田母神さん以外の選択はありえない。
枡添は私生活の乱れがあまりに酷いのと、自民党を脱退したいきさつなどが嫌な感じでもう生理的に無理。逆ギレしてる印象しかない。
細川に関しては、ある程度以上の年齢のヒトなら、突然この人が総理の座を投げ出した驚くべき無責任さを知っていると思うのですが・・・? 5千万の献金で辞めた猪瀬の代わりなのに、1億の献金疑惑があるとかもう笑っちゃう。反原発をアピールしながら、原発に代わる代替エネルギー案を提示できないお粗末さ。地元に戻って茶碗焼いてろよ、って感じ。

そもそも東京の知事を決めるのに、何で原発が争点になるんですかね?
もしも都知事が細川さんに決まったとしても、都知事にそんな力は無いから別に原発は減らないと思うけど(笑)
私は基本的に原発はなくすべきと思っていますが、今すぐどうこう出来る事ではないしね。国内や他国に新しく作ったりするのには断固反対ですが、今ある原発は安全性を確認しつつ使ってもいいと思っています。まあ、使えば使うほど核燃料廃棄物が増えるので、本当はそれも嫌なんですけど作っちゃったものはしょうがないし(笑)、これ以上石油を買って貿易赤字を増やすべきではないし。

まあ、そんなこんなで今回は田母神さん押しなんですけれど、中矢伸一さんという方のサイトに、思わず「なるほどなあ!」と思う事が書いてありましたので申し訳ないですが転載させてもらいました。
中国や韓国については、本当にいつ戦争や動乱が起きても不思議ではない気がするので、やはりその面からも田母神さんに首都を守ってもらいたいな、と思います。
安全な東京で華やかにオリンピックを迎えたい!

(以下、「日本弥栄の会」http://www.nihoniyasaka.com/ 「今週のコラム」より転載)
田母神俊雄さんは、ネット投票では驚くべき得票率で、ダントツ一位なのですが、大手メディアはドクター中松氏と並んでちょっと紹介する程度ですので、ネットをやらない一般有権者の間では、田母神さんの支持率はグッと下がるようです。

舛添さんには公明票がついていますから、組織票が見込めます。
しかも大臣経験者ですから、「政治に明るい」という理由で、舛添さんに入れる人がおそらく多くなると思われます。

大手新聞各社が行った世論調査では、舛添さんがトップで、次に細川さんが続き、三番手に宇都宮氏、そしてその次に田母神さんという結果になっているそうです。
まあ、現実には、そんなところでしょう。

しかし、それにしても、今回の都知事選はおかしいですね。
まず、討論会をやらないというのがヘンです。
細川さんは討論会の欠席を表明したそうですが、それなら、細川さん無しでやればいいだけなのに、NHKをはじめ、どのテレビ局もやろうとしません。
もしやったら、候補者の論点が明確になり、田母神さんが一気に票を伸ばしてしまうからでしょう。
当たり前です。
今回の選挙ほど、論点が明確になっている選挙はないのです。
田母神さんだけが、外国人参政権に反対しており、靖国参拝には賛成している。
これだけでも、対立点がよくわかるはずです。
ところが、テレビを観ると、そういうことには触れませんね。
脱原発とか、そんなものは国政でやれ!というものをあえて争点にしています。

まったく報道されませんが、朝鮮半島情勢が今、緊迫しているのです。
もしかすると、近いうちに北朝鮮の南進が始まるかもしれません。
韓国は、経済的にも破綻寸前ですが、経済はおろか、国そのものが亡くなるかもしれないという大国難に直面しているのです。
朝鮮半島が戦争状態になりますと、日本にドッと難民が押し寄せる可能性もあります。
国内における在日韓国人・朝鮮人は、どういう行動に走るのか。公安当局も警戒しているようです。
つまり、日本の首都・東京としては、喫緊の事案として、第一に治安問題が浮上してくるはずです。
そういう意味でも、田母神さんのように防衛を専門とし、有事に強い方が、東京都のトップに座るべきなのです。

他の候補者であれば、防衛の専門でも何でもないばかりか、外国人による擾乱や犯罪行為ついて極めて甘い考えを持っていますので、東京都の治安は保てないでしょう。
候補者によっては、下手をすると、有事の際、トップの座を捨てて逃げてしまう可能性だってあります。
田母神さんなら、絶対に逃げることはありません。
しかも専門家ですし、防衛のプロを使うことのプロですから、どう考えても田母神さんしかいないはずなのです。
「誰がなったって同じだよ」
──なんて投げやりなことを言う人もいますが、今度ばかりは違うのです。
今回の都知事選は、日本が本当の意味での日本の力を取り戻せるか、そのせっかくの動きを大きく後退させてしまうかの、分水嶺と言えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/913-768cec72

 BLOG TOP