プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/07/08)
渡辺 航

商品詳細を見る

久々に、ストレートで熱い少年マンガの王道、来ましたー!

最近fu女子の間でも大人気の、高校自転車競技部を舞台にした王道スポーツコミックス、1~4巻まで読みました。久々にスポ根らしいスポ根を読みました。とにかく面白い!
「スラムダンク」と「アイシールド21」を足して2で割ったような感じで、目新しさはあまりないのですがとにかくキャラが魅力的で気持ちが熱くて、作者自身の自転車競技に対する愛がヒシヒシと感じられる作品。読んでいると、すごく自転車に乗りたくなります。ってかロードレーサー欲しくなります。

身体が小さくスポーツには自信のない小野田坂道(1巻の表紙のメガネ君)は、毎週90kmの道を自転車で秋葉原に通っているほどのオタクで、高校でアニメ部に入って仲間を作るのが夢だった。ところが、アニメ部は部員不足で廃部になっていた。がっかりする小野田。だが、同じく新入生で、子供のころから自転車競技に賭けているストイックで寡黙な今泉、大阪からやってきた派手好きなレーサー、鳴子らは小野田の自転車レーサーとしての才能を見抜く。小野田は彼らと一緒に自転車で走ることで仲間といる事の楽しさや充実感を味わい、アニメ部をあきらめて今泉や鳴子と共に自転車競技部に入部する。入部の当日に待っていたのは、新入生のみで行う過酷なレース。小野田は果たして・・・

・・・とまあ、典型的な「駄目っ子主人公にもひとつだけ、誰にも負けないものがある」というパターンのスポ根で、正直この手の話は今までにもあったし今後の展開も何となく読めてしまうのですが、でもこのマンガを読んでいるときのワクワク、高揚感は減りません。むしろ、「来て欲しい所に来る」という感じ。
主人公の小野田くんの、少しずつ才能に目覚めていく感じも痛快だし、友人でありライバルでもある今泉くん(2巻の表紙)の、プライドが高くて負けず嫌いで自分に厳しい所も、NO,2キャラとしてありがちなんだけどでも魅力的。「スラムダンク」で言うと流川ポジションで、切れ長黒髪長身の、女子人気激高っぽいキャラ。
弱虫ペダル 2 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 2 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/09/08)
渡辺 航

商品詳細を見る

更に、おしゃべりでややウザいけど気のいい男、鳴子くん(3巻の表紙)や、まだちょっとしか出てないけど個性豊かな先輩たちなど、登場人物がみないい奴で、好きにならずにいられないのよ~!
弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 3 (少年チャンピオン・コミックス)
(2008/11/07)
渡辺 航

商品詳細を見る

おそらくこれは、作者の渡辺先生の人間性みたいのが、基本的に素直で熱くてまっすぐなので、それが作品全体ににじみ出ちゃってるんじゃないのかなあ。とにかく読んでいて、嫌な気持ちになることが無いマンガです。
構図や絵柄にもメリハリと迫力があり、今泉くんを始め男の子たちが皆魅力的に描かれていて(キャッ)、読みやすいし話にぐいぐい引き込まれます。
各巻の巻末に、作者が自転車競技についてこと細かに語っているページがあって、愛があふれている感じも好もしいです。それと、自転車競技用のピッタリしたスーツってめっちゃ恰好良くないですか・・・。良い男を更に良い男に魅せる、魔法のアイテムだわ・・・。

・・・てなわけで、とりあえず今後どんどん続きを借りてきて読もうと思っています。あ~楽しみ!
それにしても、相撲漫画の「バチバチ」といい、少年チャンピオンには今熱いスポ根マンガが多いんだなあ。何十年もジャンプ一筋だったが、少し気になる・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/915-23ae6fb4

 BLOG TOP