プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


登場人物の皆さんが普通に表情も変えずに「裸エプロン同盟」って口にしてるのがまず受けますね~。この世界では当たり前のことなの?(笑)
そして真黒兄さん、依然はもっと変態だったのに最近普通の人になっちゃってナゼ? って思ってたんだけど、考えたら球磨川くんが変態の部分も持ってっちゃったのね。残念。変態じゃない真黒兄さんなんてただのイケメン君じゃないかー! 自分の中の変態兄さん対決はやっぱり双識兄さんの勝利だな、うん。
(アララギ君はこの二人に比べたら変態じゃない、常識人だ!)

高貴くんは初期からいたキャラのせいか、アクがなくて掴みどころのない人でしたが、ここにきてやたらめだかちゃんと絡んできますね。
「貴様はもう破壊神でもなければプリンスでもない。男だ! 胸を張れ!」
最後の「胸を張れ」が泣けます。
「めだかボックス」の世界ではあとから出てきた人ほどキャラが濃い傾向がありますが、一番最後に出てきた鶴喰くんも、いい味出してきてますねー。ほんと、彼のおかげで若干SQ嫌いになったし(笑)
(一時期、SQを毎号買ってた時期があってそれは三上骨丸先生の「罪花罰」を読むためだった・・・読む人を選ぶ本だとは思いますが、BLをギャグとして捉えている人はぜひ読んでみて! コミックス2巻がオススメ!)
でも、自分も休み時間とか「一人になりたい」って思うタイプなので、鶴喰くんに共感できちゃうのですよ。AB型だし。(関係ない?)
西尾先生自身も「少女不十分」などの作品を読む限り、他人と一緒にいるのが苦手な方っぽいですしね、鶴喰くんも西尾先生の分身の一人なのでしょう。
彼が今後どのような活躍を見せてくれるのか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/92-f58dab51

 BLOG TOP