プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


SFが読みたい! 2014年版SFが読みたい! 2014年版
(2014/02/07)
SFマガジン編集部

商品詳細を見る

えーとそのー、本屋に行ったら「SFが読みたい! 2014年度という本があったので、手にとって覗いてみたのですよ。
そしたら、国内編の一位が酉島伝法の『皆勤の徒』、海外編の一位がクリストファー・プリーストの『夢幻諸島から』でした。
これ、両方とも面白そうだと思って去年読んでたんですけど、話について行けなくて「頭悪くてスミマセンねえ」的な、どっちも低い評価でこのブログで記事書いてたんですよね・・・
(「皆勤の徒」感想はこちら)
(「夢幻諸島から」感想はこちら)
どっちも、一度読んだだけじゃ分からないような作りになっていて、多分再読三読すれば面白さが十分に味わえるんだろうけどそれも面倒くさくて、両方とも装丁だけ褒めているんですけどそれが一位とは。
普段「SFが好き」「読書が趣味」と言っている自分にとって、けっこう地味に応える順位でしたねコレ・・・。もう「SFが好き」と言うのもやめようかと思うくらい(T.T)
一般的なSFファンの人たちって、やっぱ知的なんだなあ、と圏外からしみじみと眺めやってみたり・・・。

あ、でもね、この記事を書くために2013年の「SFが読みたい」を見たら、国内一位が円状塔の『屍者の帝国』だったんで一気に元気が戻ってきたんですけどねw 
ヤーハー! 円状塔はやはりSFの王道なんですね! 早く新刊出してください!
ちなみに2013年の海外一位はミエヴェルの『都市と都市』、二位がバチガルビの『第六ポンプ』。このへんなら私でも面白いと思ったので、安心、安心。あ、でも6位がソローキンの『青い脂』だ・・・。私コレ、100pくらいまで頑張って読んだんだけどどうしても付いて行けず挫折したんだっけ・・・\(^o^)/

(2013年版と2014年版にランクインされていた作品で、このブログで取り上げていた本が他にもいくつかありましたのでご参考までにリンクを貼っておきます。年度と順位は確認できないものもあるので順不同とします)
「カラマーゾフの妹」
「ジーン・マッパー」
「聖痕」
「盤上の敵」
「第四の館」
「ホーンズ 角」
「道化師の蝶」
関連記事
スポンサーサイト

コメント

この記事の題名は某サイトのパロディでしょうか?
笑いすぎてむせてしまいました。記事の題名を見て最初
驚きました。あれ、イザクさんのサイトを見てる筈なのに
どうして題名があのサイトのと似ているんだ?といいうふうに。
こういう記事の題名の付け方面白いですね。

自分が面白いと思えなかった作品が1位に選ばれていて
衝撃を受けることはよくありますよね。
けどそんなことで「SF好きを名乗るのをやめようかな」だなんて
そこまで思い詰めなくても・・・
ランキング1位の作品が万人受けするとは限りませんし、そもそも
全人類がこれは傑作!と口を揃えて太鼓判を押す作品って
あるんですかね?そういえば、聞いたことないですね・・・
私も昔プリーストの「奇術師」を読んだことがあります。
このミステリーがすごいで10位に選ばれていたので期待して
いたのですが、読み終えてもあまり感動しませんでしたね・・・。
なんだろう、ランキング上位の作品を、自分が面白いと思えない
のは、ショックですよね・・。

某Newsまとめサイトのパロディですw

キャラメルさん、こんばんは!
よくぞ気付いてくださいました、そうです、最近は嫌〇ネタばかりの某サイトのパロディです。
馬鹿か!!!!! というフレーズが好きww

若いころは何を読んでもそれなりに面白かったし、理解できなくてもできないなりに「スゲー!」って思えたのですが、駄目ですね人間、歳をとると・・・。
「わからん。ワシには分からん!」
この一言で終わってしまう(笑)
プリーストは昔「逆転世界」と「ドリーム・マシン」を読んだことがあるのですが、凄い世界観なんだけど、どうもピンと来なくて、自分とは相性が悪いという気がします。
なんか地味っていうか。

全人類が太鼓判を押すかどうかは分かりませんが、SFでいえばハインラインの「夏への扉」、ホーガンの「星を継ぐもの」などは私の若いころも現在でもオールタイムベストの上位に必ず入ってくるので、誰が読んでもまず間違いなく満足できると思います。数十年の間、順調に版を重ねて今でも本屋で平積みされているのも凄いです。
もちろん、この2冊は私も大好きですし、SF初心者には必ずオススメしています。

「このミステリーがすごい!」など私もよく参考にしますが、自分の好きな評論家(大森望さんとか)の褒める本ばかり読んでいますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/940-1a6e4e1b

 BLOG TOP