プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


昨日今日と、また冬がはじまるんじゃないかと思うような寒さ。
啓蟄もひな祭りも過ぎたのに。
世界的に異常気象で、今後は夏は酷暑、冬は厳寒というパターンにシフトしていくらしいんだけど春がなかなか来ないのって思ってた以上にツラい・・・!

今日、ラジオでまたまたゲストの女性(お名前は聞き取れず)の方の話が面白かったです。
「女は29歳までと30過ぎではまったく違う生き物。29までは何もしなくても周りがちやほやしてくれます。30からは営業努力をしなければならないんです。営業努力とは『隙を作る』こと。隙を作ることに日々精進してください」ですってww
うーん、でも確かに、自分の場合も25くらいまでは、どこに行っても歓迎されましたね。今考えても、容色もそのころがピークなんだけどそれだけじゃなくて、経験が浅くて世事に疎い、つまりナチュラルに可愛い女だったように思いますw
でね、「隙を作る」というのは具体的に何かというと、とにかく笑顔を作ることなんですって。自分史上最高の「ダイヤモンドスマイル」を、表情筋がひきつるほど口角を上げて磨き上げ、ばんばん使ってください、とのこと(笑)
「そんなに笑顔を振りまいて、男に媚びてると思われないか」
との質問には、
「男に媚びて見えるとか、そういう問題ではないんです。あなたのその笑顔を見て男性が幸せになれるかどうかの問題なんです」
と言い切っていました。た、たしかにこれは深いかも。自意識過剰では恋はできない、ってか。

ところで最近良く思うのですが、自分の生き方の信条として、「ゲラゲラ笑って生きていきたい」というのがあるのですが、ゲラゲラ笑う女は男にモテないらしい(T.T)
ダイヤモンドスマイルも、笑い方としては「ニコニコ」ですもんね。確かに自分が男だったら、ゲラゲラ笑う女は下手すると女として認識できないかも(T.T) なんかこう、男性の目からみて、綺麗な花畑の中にドリアンが転がっているような風景ではないかと(笑)
でもやっぱりギャグ漫画やお笑いが大好きなんで、ゲラゲラ笑って暮らしていきたいですww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/948-4e8b3272

 BLOG TOP