プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


横綱昇進が知らされたあと、力士が述べる「口上」というものがあり、なぜか四文字熟語を使って、横綱になる覚悟のほどを述べる、という伝統(?)があります。
新横綱の鶴竜は、モンゴル出身力士ながら日本語には堪能ということでしたが、
「横綱の名を汚さぬよう一生懸命努力します」
という、非常に平明でシンプルな言葉で、とっても好感が持てました。やっぱりこの人、地味ながらすごくいい人っぽい。

難しい四文字熟語を使うのは二代目貴乃花の時からの慣習(?)らしいです。貴乃花は「不惜身命」という、ほとんど誰も知らなかった言葉を使って当時の日本中の相撲ファンを驚かせたのでした。
白鵬様が横綱になった時は「精神一到」という言葉でした。
この時、相撲解説者だったかアナウンサーだったかが、白鵬にモンゴル出身なのに難しい言葉を知っていますね、と声をかけたあと、「以前に、同じような意味でもっと難しい四字熟語を使った横綱がいたのは知っていますか?」と、「ちょっと意地悪な質問」をしてみたのだそうな。そうしたら若き白鵬はニヤッと笑って「『不惜身命』でしょ」と答えた、というのです。
で、その解説者だかアナウンサーだったかが、白鵬様の聡明さと気の利いた答え方に感心していたのです。
私はその「ニヤッと笑って」という所がカッコ良すぎて、その時から白鵬様に心を奪われて今に至っております。

ちなみに、もう一人の現役横綱、日馬富士は「全身全霊」という言葉を使っているそうです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/964-a71086b9

 BLOG TOP