プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ぐっとくる! 仏像 (エイムック 2829)ぐっとくる! 仏像 (エイムック 2829)
(2014/03/27)
不明

商品詳細を見る

本屋で見つけて表紙とタイトルにグッと来て、衝動買い。
帆足てるたかさんという写真家の仏像写真を、みうらじゅんさんが選んで一冊にまとめた写真集です。
もう、なにしろ一枚一枚の写真がね、本当にグッとくるのよ~!
家に帰ってじっくり見て気が付いたんですが、いわゆる有名どころの仏像はこの本にはほとんど載っていないんです。この「エイムック」の仏像写真集のシリーズ、すでに7冊も出ていてこの本が8冊目なので、重複を避けているんだろうけど、阿修羅像とか日光月光とか、有名な仏像は載っていないの。
なのにこの迫力、この美しさ、このグッと来る感じ。
写真の撮り方も素晴らしくて、今まであまりピンと来なかった仏像もこの本の写真で見ると「いいなあ~!!」と改めて感じさせてもらえます。

しかし、あまり有名でない仏像ばかりを集めてもこの完成度、ゴージャス感・・・。
仏像ってほんとに奥が深く、また裾野が広い。そしてやはり、普通の彫刻と違って何か「魂が入っている」としかいいようのない、にじみ出る静かな気迫のようなものがありますね。寺に安置されている仏像は、何百年も前に魂を入れられて、その後長い長い年月を衆生の信仰の対象となってきたのだから、ある意味当然なのだろうか・・・。

帆足てるたかさんという写真家の、仏像に対する愛がヒシヒシと感じられるのがすごく良いです。
それぞれの仏像を、一番グッとくる角度や背景を考えて、一番良い形にして撮ってあげている、という感じがします。
この人の撮った別の写真集も見てみたいです。

ちなみに、私の実家が鎌倉の近くで、長谷寺の十一面観音などは何度も見ているのですが、この本に載っている写真を見て「こんなにも荘厳で湧き上がるような迫力に満ちた像だったのか」と感動しました。
実家に行ったらもう一度、ちゃんと見てみようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/977-a358d21d

 BLOG TOP