プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


【韓国船セウォル号沈没事故】
・もともと日本から買った中古の船舶に、客室を跡から増築してバランスが悪くなっていた。
・16日当日、濃霧のため出港時間が2時間遅れたため、ショートカットをして航路をはずれた場所を航行していた。
・船を運航していたのは入社4か月目の新人女性。漁船と競争していたという説も・・・。
・急激な進路変更をして、固定されていなかった積荷が船の片側に寄りバランスを崩した。(ドーンという音がしたのはこの時積荷が戦体に穴をあけたため?)
・浸水しはじめたがしばらくそのまま航行。
・船が傾き始めたが船員は乗客に「そのまま船室から動かないように」と船内放送。自分たちだけ救助される。
・救助された船長が病室で濡れた紙幣を乾かしていて、しかもそれを他の船員と取り合っていたことがバレて大炎上。
・救命ボートを使おうとした形跡がない。
・最初、ほぼ全員が無事に救助された(される)と報道されていたが、数時間後、まだ300人近くが行方不明という話になった。
・日本をはじめ、各国の海難救助隊が救援を申し出たが(おそらくは韓国のメンツのため)、政府が断った。
・韓国のマスコミがこの件を記事にしたが、日本からの救助の申し出の事をを書かなかった為、反日感情にまたも火が付き大炎上。
・船内の様子を探る為のダイバーがその場で募集された。その後、ダイバー3名が溺れて救助された。
・船を釣り上げるためのクレーンを動かすのが、支払いをどこがするかでモメて12時間遅れた。
・刻々と沈む船内から、「まだ生きている。助けて」というメールが届いたが関係ない人間のイタズラだったらしい。(らしい、というのは、家族のアドレスを他人が知っているのはおかしい、と思えるから。つまり、対策本部としては、もう船内には生存者はいない、という事にしたいんではないか、と・・・)
・「船内に酸素を吸入した」と発表があったが嘘だった。
・救助された高校の教頭先生が自殺した。
・韓国国内では、「もう修学旅行は廃止にしろ」という声が高まっている。
・今日になって、乗客はもっと多かったという話が出てきている。つまり、しっかりした乗客名簿がなく、誰も正確な乗員数を把握していないらしい。乗客名簿にない遺体が発見されているという・・・。
・・・

このブログでも何回か書いていますが、私は嫌韓派なんです。
しかしさすがに嫌いな国の人だからと言って「死ねばいい」などと思っているわけではなく、今回の事故でも最初は普通に「みんな助かるといいなー」と思っていたのです。
そして今は・・・。
「一人でも多く生きていてくれる事を願う」とか、そういう綺麗な気持ちを持てればいいんですけど、この事故に関してはもう、何かドス黒い怒りのようなものしか感じられなくなってしまいました。
他人事ながらあまりに判断は遅く、あまりに不手際、そしてあまりに醜い。

だって、これ、1から10まで人災で、最初に事故が起きた時に普通に避難や救助が出来ていれば負傷者が数人出た程度で、全員助かったんじゃないの・・・?
もう、行方不明の高校生たちが可哀想で可哀想で・・・。
今まで嫌韓の記事を読み、「韓国の人たちって馬鹿じゃなかろうか」と何度も思ってはきましたが、こんな、数百人の命が目の前で刻々と失われていく場面で、馬鹿を打ちつづけられるものなの? 
おとといからこのニュースが気になってたまらず、(会社の仕事中でも)ちょいちょいネットを開いて新しい情報を見ていたのですが、時間がたつにつれてどんどん酷い情報ばかりが増えていく・・・。
日頃、嫌韓サイトをぐるぐるしてる人たちもこのニュースがすごく気になっているようで、コメントの付き方も早いです。だってねえ、ほんと、日本の目の前で、日本だったら多分助かった人命が、なすすべもなく失われていくんだよ、平静ではいられないよ・・・。

なんだかねえ・・・。
陰謀論で、「もうすぐ北朝鮮主導で南北朝鮮が統一される」っていうのがあるんだけど、真実味を感じちゃうよ・・・。
国として、もうすでに滅びつつある姿なのかと、そう思ってしまうほどの酷さだよ・・・。
リアルタイムで韓国の駄目さを世界に発信しつづけているよコレ・・・。経済ももう立ち行かないし、各国でトラブルを起こしてるし、もうマジで終りの始まりだと思う。

最後になりましたが、亡くなった乗客の方々のご冥福をお祈りいたします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/984-4033b7b4

 BLOG TOP