プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


もうそろそろ慣れたし、驚くこともないだろう、と思って見てもやっぱり今週もアッと驚いてしまうことの連続、アニメ版「ピンポン」。アニメ史に残るかどうかはさておき、個人的にはTVアニメオールタイムベスト10に入る作品だと思っています。
(今ちょっと、ベスト10を考えたんだけど、手塚プロの「アンデルセン物語」、青い背広の「ルパン3世」、平成版の「楽しいムーミン一家」、あと「サイボーグクロちゃん」「新世紀エヴァンゲリオン」、このあたりは外せません。「遊☆戯☆王」も捨てがたいし、今ちょっと忘れてるのがいろいろありそう。考え始めるとなかなか楽しいですね)

OPがまた変わっていました。毎回新しい画面を描き加えているんでしょうか。それだけとってみても、スタッフの意気込みが伝わってきます。

さて今回は何と言っても、ドラゴンの圧倒的な強さ、そのアニメ的演出の迫力と斬新さ。
漫画で見ている時も迫力の出し方が凄いと思っていたのですが、やはり漫画とアニメとで同じ事をやっても漫画の絵の力に負けてしまうと思ったのでしょうか、まったく新しい表現を見せてくれました。
黒が主体の画面や激しくデフォルメされた人体など、アニメならではの動きと色とで圧倒的な強さを表現していました。
この先、ドラゴン以上に強い奴が出る時どう表現するんだろう、って心配になっしまったほど。

そしてドラゴンに敗れたチャイナとコーチの会話が素晴らしい。
君の人生は始まったばかりだ、といたわりに満ちた言葉を掛けるコーチ。毎週思うのですがこのコーチは本当に、人間が出来ているというか、あの傲慢だったチャイナが心折れずに立ち直ることができるのはコーチのおかげですよね。原作よりも会話の内容が増えていて、穏やかな中国語の響きも耳に心地よい。
薄い本を作るならコーチャイだと思う

あと、田村卓球道場でライバルだったアクマの勝ちっぷりが良かった。アクマは結局、ペコが自分の力を磨こうとしないのがもどかしいんだろうな。

海王高校の卓球部の施設紹介が、最初は「へえー、すごいね」程度だったのがだんだんエスカレートして、最後は「NASAかロシアの宇宙飛行士養成所か!?」レベルになるのがちょっと可笑しかったですww
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://isaac936.blog.fc2.com/tb.php/996-e67ed709

 BLOG TOP