プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


夢は形にしないといけないのね・・・!

「夢みるアンドロイド」って素敵なタイトルですね。
SFの古典的名作(ってか題名だけ有名)な、ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」にちょっとひっかけたタイトルでもありますね。
個人的にねー、このテーマに弱いのねー。
いつの間にか、プログラミングされていないはずの自我を育て、自分なりの希望や欲望を感じて「私はバグってしまったのか?」って悩んでしまう人工知能の話。悲しいよねー。
今まで、ちょっと狂騒的とすら言っていいほどの勢いで突き進んできたキュウレンジャー、内容的には共感できるドラマではないかなあ・・・、と思い始めていた矢先、まさかの「ロボットが夢を目指す話」で泣いてしまうとは・・・。

ラプターちゃん、ちょっと内股に見える足のラインまでがとことん計算された「萌え仕様」ロボットなので、どちらかというとあざとさを感じて好きでは無かったのですが、今週でコロリとやられました。
好きだわ。キュウレンで今一番好きだわ(笑)
ってか、初めてキュウレンで「その気持ち、共感できる!」って人に出会ったわ。
ラプターちゃんの夢を、他人であるスパーダが気付いていて、皆の前で「~~したいんだよね?」って言ってくれても意味が無い。
ラプターが自分の声で、はっきりと「私はみんなと戦いたい!」と言って初めて、その夢は形になり、その形を現実のものにするための周囲の協力が得られるし、何より自分が自分に形を与える、っていうか・・・うーん、うまく言えません。
まあとにかく、夢は自分一人でボンヤリと思っているだけではただの妄想。
はっきりと形にしてこそ、夢は夢としての力を持つ。
・・・という事を改めて教えてもらった、泣ける話でした。
スパーダがきめ細かい気配りを見せるのも好き。ラストの特製ケーキとかね、これは嬉しいよね。
マイペースな奴らばかりのあの戦隊を、影でうまくまとめていく重要な役どころになっていくのでしょうね。


宇宙戦艦ヤマトの帽子にも前髪(笑)

スナイプの新しいガワ、好きだ・・・。

先週の魔王ブレイブに引き続き、今週もレベル50進化キタ――(゚∀゚)――!!
スナイプの新しいガワは戦艦モチーフ、帽子付きでいかにも男の子が好きそうな、ゴチャゴチャして動きにくそうなガワ。
でも、動きにくくてもいいのよね、砲撃・爆撃中心の攻撃だしね。片目がレーダーになるのもカッコイイです。
あの帽子を見ると、私世代はどうしても「宇宙戦艦ヤマト」を思い出すのですが、スナイプの黄色い前髪(?)がその下から覗いているっていうね、なんかタイガさんらしい恥ずかしさも残っているガワですねw

そしてヒイロさんが包帯姿を披露してしまったわけだが・・・。
もういちいち触れませんよ彼のお色気については!
制作者を下手に調子に乗せて、サービスシーンばかり撮らせるわけにもいかないしね!
今回はひとまず、「首が長いなあ・・・」とだけ呟いておきます!
そのヒイロさんとタイガさんには、やはり過去の確執がイロイロあったのね。
タイガさんについては、今週のオバケ屋敷シーンでちょっと好きになれたので、今後の二人のからみには期待したいです。

岸くんの声に惚れる。

新キャラのスティンガー役の岸くん、幼さの残る甘い顔立ちに似合わぬ太く低い声。
いいですねー!
いや、最近なんか「低い声」ってイイなあ、って今更ながら思っていてね、ジニス様や「爪」のボス(アニメ「モブサイコ100」)役の井上さんとか、怪盗ジョーカーのプレジデントD役の岸尾さんなどなど、まずその低い声から好きになる人が多いのですよ。
スティンガーも、そんなお気に入りボイスになりそうな予感。

さて今週は司令官ショウ・ロンポーも初登場だったわけだが・・・。
なんか色々盛りすぎ感があって見ていて辛いものがある・・・。
キュウレンジャーの中に、「元気すぎてウザイ奴」が多すぎて収集がつかなくなっているのですが(笑)
今のところ、パワーで乗り切っているキュウレンジャーですが、この先このペースで続くとなるとちょっとキツイかも。
「ワンピース」の仲間たちがいつも騒がしすぎてあんまり一人一人を好きになれない(個人的な感想です)のと同様、このペースでキャンキャン進んでしまうと「勝手に騒いでろ」という醒めた目になってしまいそう。
キャラのバランス的に、あと新たに加わるスティンガーに渋い抑え役を期待したいのですが、どうもあの子、仲間になったとたんにキュウウレンジャーの陽性なノリに感化されて大ハシャギしそうでちょっと心配(笑)。
物静かで渋い役が今のところ、黒とブルーしかいないのでね(ナーガはすでにキュウレンジャーのハイテンションノリに毒されたw)、人間のクールキャラをぜひ期待したいところです。


魔王になってもヒイロさんの目力は凄かった・・・!

ブレイブがいきなりレベル50進化キタ━( ゚∀゚ ) ━!!!

いやあ強い強い。
ゾンビ社長すらものとせず。ってか、ゾンビの攻撃を目力だけではね返していましたねw
変身前のヒイロさんの段階で、すでにあの目力は殺傷レベルなので、「さすがだなー」と妙に納得してしまいました。
しかも、魔王のガジェッドに意思を乗っ取られず、自分を強く保っていられるのは「選ばれたドクターの証だ!」と言ってみたり、強すぎる力が身体に与える負担が大きすぎて、一人で変身後に「ウッ・・・」とよろめいたり、タイガさんに「大病院のお坊ちゃんが、ムチャしやがって・・・」とまで言われてみたり・・・。
もうヒイロさん主役でいいんじゃない? 
Mはピポパポを踊らせるゲーム、ずっとやってりゃいいんじゃない?

「実録・大病院 天才外科医たちの巨塔」っていうゲームがあったら、エムとヒイロさんがお互いのプライドを賭けて真剣勝負して盛り上がりそうだなー(笑)

オレの怒りを知れっ!

いいなあこのセリフ。会社とかで使ってみたい(笑)

新戦士が一気に二人登場。
感情を持たないナーガと、お調子もののロボットのバランス。
この二人が怪盗団としてコンビを組むようになったいきさつが謎すぎるw
接点が無さそうなんですけどね・・・まあいいや(笑)
正反対の二人をペアにするのは基本中の基本!

白くてヒョロヒョロのナーガ、外見的に完成度が高いですね。
ナーガ役の山崎君、白い肌と紅い唇がいかにも蛇っぽくてハマリ役です。それで感情が無いとかね、もう、いきなり萌えキャラすぎてあざといくらいですねw
この無反応ナーガに、うるさいラッキーやバランスがじゃんじゃん絡んでいって困らせる(しかも、困っているのに顔に出ない)という、おいしい展開を期待しますw
そしてナーガの願いが「感情を取り戻す」ということなのも、なんか手塚治虫の「どろろ」みたいでイイですね!
とりあえず初回、「怒り」を取り戻したようで、今のままじゃただの怒りっぽいお兄さんですが、この先泣いたり笑ったりするようになるのを待つのも楽しみです。

そして相棒のバランス、ロボットのくせにやたら過剰な感情表現と、ちょっと屈折した性格を持っていて、未来のロボットはここまで進化するのかあと感心した次第です。AI碁で人間に勝ったからと喜んでいる場合じゃない、まだまだ道は遠い・・・。
ポージングがいちいち凝っているのも魅力的で、最後、ドアが開いて登場するとき往年のディスコ映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のポーズをしていたのがワロタ。
キュウレンジャーってそこかしこに、古き良き昭和の香りがするんだよなあ(笑)

次週予告で、オレンジのキュータマを持つ男が登場するのですが、砂漠の星という設定といい衣装といい、これまた昭和の中学生たちを虜にした「デューン・砂の惑星」のパクリ、っていうかオマージュなのも好き。
そして何より今週も、EDのキュータマダンスで声を出して笑ってしまいました。
恐るべき破壊力!
途中でテンポや音階がアップしていくあのダンスを見てると、小学校のレクリエーションなどでよくやらされた、「♪アブラハムに~は7人の子、一人はノッポであとはチビ・・・」と歌いながら右手・左手・右足・・・とだんだん動かす部分が多くなり、最後は回転しながら飛び跳ねるというダンスを思い出します(笑)

俺はただ、目の前の患者を救いたいだけだ!

はい、はい、今週もいただきましたねヒイロさんの萌えセリフ!

いやー、あのパワフルなキュウレンジャー初回放映のあとで、地味かなー、と心配していたエグゼイドですがこっちはこっちで盛り上がってました!
特に注目すべきはパラドさんの回心と、エムを心配しまくるヒイロさんの演技!
ヒイロさんこと瀬戸くん、ほとんど表情も姿勢も崩さないのに、どうしてあんなに表現力豊かなの!?
ほんのちょっと、目を細めたり眉を寄せたりするだけで、彼の内面の葛藤が手に取るようにわかってしまう。
恐ろしい子・・・!
エムに真実を告げないまま、何とかして彼を戦いの場から遠ざけようとする時の「目の前の患者を救いたいだけだ!」というセリフは、ヒイロの本心でもあり、エムを誤魔化すための言い訳でもある。彼の苦悩がほとばしり出てしまったような強い口調も内面の葛藤をあますところなく伝えていて凄くイイです!
あと、終盤でゲンムがエムに「お前はゲーム病だ」ということを言う場面で、一瞬、心配してエムの方を振り向いてから走り出すヒイロさんもイイ!
あの、一瞬だけエムの方を見るときの顔が、いつもは見せないような「しまった!」というような焦った顔なのよね。
いつも無表情なだけに、たまに見せるそんな顔が彼のエムへの思い入れの強さを痛いほどに伝えてくるのよね・・・。

あと、パラドがついに味方(っていうか、敵の敵?)になる展開にも胸熱。
ゲンム社長も、そろそろ役目を終えるっぽい(?)し、新たなボスとなりそうな人物も登場したし、いよいよ中盤に向けて話が盛り上がっていきそうです。

そして次回なのだが・・・。
ヒイロさん、エムに「どうして僕がゲーム病だって教えてくれなかったんですか!」って詰め寄られて、思わず目を泳がせてしまったりするのだろうか。
そしてもしかして、ヒイロさんがエムを看病するのだろうか・・・。
(ハアハア)
「お前は俺の患者だ!」とか
「大人しく俺の言うことを聞いていろ」とか
「今はまだ、動ける身体じゃない」とか
言っちゃうんだろうか(ハアハア)。

まあ、次回予告だけでもヒイロさんってば凄いことになってるので、次週を楽しみに待ちたいと思います♪

♪キューキューターマ タマタマキューキュー♪

いやーっ、やってくれましたね!
勢いだけで突っ走る、怒涛の第1回。
「スターウォーズ」の世界観に、「ワンピース」の仲間集めの面白さ、そして戦隊ならではの熱く前のめりなノリ。
いいとこ取りの新戦隊キュウレンジャー、エンディングのキュータマダンスがまた締めてくれます!
等身大の青年たちの苦悩を丁寧に描いていたジュウオウジャーと真逆の、古き良きスペースオペラの楽しさを今時っぽくアレンジした、これは問答無用に楽しい戦隊です。

やっぱね、最近の戦隊もライダーも、今どきっぽさというものをはき違えていたんだな、と。
デジタル世界とか仮想現実とか出せば今時、ってもんじゃない。
それは戦いの、あるいは表現の手段であって世界観はもっと自由でいいんだな、と。
古いスペオペだって、やりようによってはいくらでも新しい作品になりうるんだな、と。
改めて気付かせてもらったという気持ちです。

圧倒的に強そうな敵、「宇宙幕府ジャークマター」に立ち向かう9人の戦士、そのリーダーとなる男の第一の資質が「幸運」というのもイイ。この先、何か「イヤそれ都合良すぎだろー」って展開があっても、「まいっか、ラッキーだから」で済んでしまうしねw
昭和のSFファンの方々にはラリイ・ニーブンの「リングワールド」を思い起こしていただきたい。ラッキーこそ、宇宙最強の力なのだよ・・・。
そのラッキーが、獅子座流星群に乗って地上にやってくる場面にも大笑い。ジョジョ2部のジョゼフですら、こんな無茶はやってなかったぜww

異星の風景や、宇宙空間の描写がいちいちそれっぽいのも高評価です。
時間も予算も限られている中での、「SF映画っぽくしたい」というスタッフの強い情熱を感じます。
放映第1回だから気合いもお金もかかってるんだろうけど、この先、あまたの星を舞台に戦いがつづく中で、どこまでこの水準が保てるのか・・・。
まあ、途中でだんだん安っぽくなっても、それはそれで特撮ファンとしてスタッフの苦労がしのばれて、愛せるんだけどねw
逃げ惑う群衆までがいちいち宇宙人ぽいメイクとコスチュームなので、けっこうエキストラの準備だけでも大変だろうと思います。
頑張って欲しい。

そしてそして、「スターウォーズ」といえばやっぱり出ました「タトゥイーンの酒場」っぽいカフェ(?)
なんか内装が白くて、子供向け番組なので酒類も出せないので、高校の文化祭の「コスプレカフェ」みたいな安っぽさなんだけど、それはそれで笑って許せます。その心意気が嬉しいんだよ、安っぽさはマイナスポイントではないんだよ。
そこにたむろしている金のロボットと白髪の人間の2人組、小悪党らしいが次回、仲間入りするらしいのも期待大。
あ、あと敵のボス、ドン・アルマゲがスターウォーズの銀河皇帝っぽい、白いローブで登場するのもいいですね。パクリというよりSWに対するリスペクトを感じました。
こりゃあ、次週以降、出るぜよ「シュゴーッ、シュゴーッ」って言ってる黒いマスクの男がよ・・・。

何が起こっているのかついて行くのも大変なほど、30分の間にギュウギュウ詰め込んで、とにかく勢いで見せてしまう初回でしたが、EDのダンスにまた爆笑。
ちょっとユルめの盆踊りみたいなヘタレた振り付けなのですが、画面がギュルッと変形して地面が球体になったり戻ったりを繰り返して、見ているとちょっと画面酔いしてきます。
更に、「キューキュータマ タマタマキューキュー」というフザケきったフレーズがだんだん早回しになって音程も上がっていくという、聞いているだけで笑ってしまうという恐るべきEDテーマ。
あまりの衝撃にEDだけ繰り返して3回も見てしまいました。中毒性高すぎ。

ジュウオウジャーが好きすぎて、新しい戦隊は好きになれるか不安だったのですが見事に第1回から楽しませてくれました。
ジュウオウジャーとは正反対の世界観ですが、こういう振れ幅の大きさも東映の底力を感じさせて頼もしい。
ありがとう東映様!
最後に、若い役者の皆さん、これから1年間、大変だろうけど頑張ってね!
応援するよ~!

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE