プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


映画好きな人ならおなじみの、「NO MORE映画泥棒」のカメラ男がついにキャクター展開を開始したようです!
今日、PCを開いたら広告バナーにおなじみのカメラ男の姿が・・・

S.H.フィギュアーツ「カメラ男」バンダイ
71fvxwTR5cL__AA1500_.jpg
(画像はクリックすると大きくなります)

ちょ、カッコいいじゃないですか可動式フィギュア。
そもそも、本物のカメラ男というのがまた、細身の身体にビシッとダークスーツ、キレの良い動きと白手袋で、全国のFU女子の心をガッチリつかんでいたのですよ。最後、ライト男に後ろから羽交い絞めにされてもがく場面にも萌え心をそそられますw
何を隠そうこの私も、3年くらい前、初めてカメラ男の薄い本(ライト×カメラ。これ王道w)を目にした時は驚くと同時に、「何でココに目をつけなかったんだろう!」と目からウロコの思いで買い求めたものでした。その時は1サークルさんが細々とやってらっしゃるオンリーワンジャンルだったのですが、昨年はプチオンリーを開催する程に参加者も増え、もはや立派なジャンルを確立しております。私も何冊か持っておりますww

71PJ8cFR-4L__AA1500_.jpg
いろんなポーズが自由自在。

81HxtlWyMBL__AA1500_.jpg
ライト男も揃えれば萌えシーンも再現可能ww
やだコレお部屋に飾っておきたいわー(笑)
スーツ好きならわかってくれると思うけどこのフィギュア、細身の人物をモデルにしているせいか、ふくらはぎから足首にかけてのズボンの生地のダブつき加減とかが実に良いですw

他にも、何と食玩フィギュアやガチャポンまで出るらしいです。
映画館 NO MORE 映画泥棒 スイング 全5種 ショートムービー :全5種 1 カメラ男(登場) 2 カメラ男(発見) 3映画館 NO MORE 映画泥棒 スイング 全5種 ショートムービー :全5種 1 カメラ男(登場) 2 カメラ男(発見) 3
()
BANDAI バンダイ

商品詳細を見る

更にはこんなオサレな映画音楽サントラまで・・・
映画泥棒映画泥棒
(2011/07/06)
JETT.A

商品詳細を見る

映画音楽の名曲の数々を泥棒してアレンジして一枚にまとめたアルバムらしい。

カメラ男がこんなにメジャーなキャラになってしまうなんて・・・。
心の狭い私は一抹の寂しさを感じてしまうのでした・・・。

書くネタがないのでお風呂の中であれこれ考えたのですが、何の脈絡もなく「宇宙のBL」という気宇壮大なネタを思いついてしまったので一応書いておきます。

リゲル×ペテルギウス
赤と白、オリオン座の二つの1等星。ギラギラと白く輝くリゲルのほうが肉食系と見た。でも、ペテルギウスが超新星爆発すれば下剋上もアリ(笑)

ボイジャー×はやぶさ
異星人へのメッセージをたずさえて、威風堂々太陽圏を脱したボイジャー君と、傷だらけになって帰ってきたはやぶさ君。うむ、擬人化などしなくてもこの組み合わせは萌えるぞ(笑)
問題は、両者が出会うことはまず無いだろう、という点。

夏の大三角形×冬の大三角形
ダランと伸びた二等辺三角形の夏三角君と、神経質なまでに整った正三角形の冬三角君。品行方正な委員長に憧れる不良少年のヘタレ攻めみたいな感じでww

真空×暗黒物質
真空は冷たそうなので、理知的でやや冷徹なヨーロッパ人老教授、暗黒物質は浅黒い肌の、怠惰で官能的な南国の男、ってことでどうでしょうか(笑)
「嘆きの天使」や「ベニスに死す」のパターンで、最後は老教授の破滅。うーむ、文藝のかほりがする。

すばる望遠鏡×スーパーカミオカンデ
即物的・外見的に、凸と凹だから・・・(イザクさん、サイテー!!)

東京ビッグサイトのオールジャンル同人誌即売イベント、スパークに行ってまいりました~!
今回はこの時期のイベントとしては大規模で(東と西、全部のホールを使っていたし、友人もギリギリに参加申込みをしようとしたら、満席で受付終了してしまっていたとの事)、会場全体すごい熱気でした。
まず、パンフレットをさらさらっと見ると、「進撃の〇人」が大きくスペースを占有しているのはまあ分かるとして、「弱ペダ」と書いてあるジャンルが大人気。うーむ、これ、本屋さんで最近よく平積みになってる「弱虫〇ダル」という漫画のことかなあ。自転車ものらしいけど。俄然、気になってきましたよ?
・・・という具合に、このパンフを見ているだけで最近のfu女子界の動向が分かるのも楽しいのです。

さて、今回はプチオンリーが充実してて良かったです。
特に驚愕したのが、「カメラマンとランプマン」でプチオンリーやってたこと。そう、あの、東宝シネマズの映画館に行くと上映前に登場する、あの細身の黒いスーツに白手袋の盗撮カメラマンですよ(笑)
赤いランプの男に後ろから羽交い絞めにされてもがく姿が、確かに萌えなんですけど・・・もうやだこの国・・・と言いながら、薄い本を3冊も買ってしまう自分。
あと、「秋の清盛祭り」(大河ドラマ『平清盛』のこと)も充実してましたねw
その他、サブマスとかボーボボとか、目移りするラインナップでしたがとりあえず今回のお目当てはウィザード関係だったのでその辺でいろいろ買い物しましたww大漁大漁ホクホク

久々にイベントで散財をし、更にfu女子友達と新橋で飲み会。新橋はイベント後の打ち上げのfu女子グループが多くて、隣の席から「フルーツが何たら・・・」という会話が聞こえてきて(ああ、ガイムの話してるなあ)なんて思っちゃったりなんかするのがまた楽しい。
飲み会のメンバーはだいたい決まっていて、もう10年以上の付き合いですが、みんな年をとらないというかfu女子マインドって衰えないものですね(笑)
いつも面白い話題や目新しい話題を提供してくれて、それにけっこう家庭内のお悩みまで聞いてくれるメンバーの皆さんには感謝しています。自分は、あまり友達を作るのが上手くない(というか、基本的に「一人でいるのが好き」とか言っちゃうタイプなんで)ので、こうやっていつ会ってもスッと中に入っていける友人がいるというのは本当にありがたく、それだけでもオタクとか腐女子とかやってて良かったな、と思っています。割とマジで。

将棋世界 2013年 10月号 [雑誌]将棋世界 2013年 10月号 [雑誌]
(2013/09/03)
不明

商品詳細を見る

駅ビルの本屋さん、レジの近くに雑誌コーナーがあって「将棋世界」の表紙が目に付きやすいんですけど・・・。
去年の7月号でも表紙を飾り、「美しすぎる棋士」として鮮烈な印象を全国のイケメンハンター達に残した中村太地様が真っ白いパンツ姿でご降臨です。この表紙に、「貴公子ふたたび・・・」ってアオリが入ってて可笑しいんですけどww
表紙をめくった所のグラビアも美しいですよ~。

ヤバイ冬コミで薄い本を探してしまいそう・・・。

最近、「ブロ」という言葉が流行っているそうな(笑)
元はブラザー・ロマンス、男同士の親愛な関係を表す言葉で、アメリカ映画によく使われる言葉らしいです。
「BL」というのが男同士の恋愛感情(肉体関係を含む)を指す言葉なのに対し、ブロはあくまで友情や兄弟愛にとどまる所がポイント(←重要。試験に出ます)

この言葉を知り、長年の私のモヤモヤが一気に晴れ渡った気分でございますよ。
確かにこのブログでも、ちょいちょいBLネタやfu女子な発言をかましてたんですけど、私にとってBLはどっちかというと冗談なんですよね。それこそ、スプーンとフォークだったらどっちが攻めか、みたいな。
私が数十年来、こよなく愛しているのはあくまで男同士の友情、強い絆、あと仲良し兄弟。そこに萌えを感じていたのです。この気持ちをうまく言い表すピッタリした言葉がなくて、「友情大好き」とか言ってたんですけど、これからはブロマンスが好き、と言えばいいのか。便利な言葉だなあ。

ブロマンスの代表的な映画といえば、
「処刑人」(←コレは明らかにホモを狙ってるけどねw)
「ハングオーバー」(特に最新作「ハングオーバー3」がブロってるらしいww)
「シャーロック」(BBCドラマ版)
「シャーロック・ホームズ」(映画版。どっちも激ブロ)
「ノッキン・オブ・ヘブンスドア」(ドイツ映画。友情モノとして大好きだったが、ブロといえばこれほどのブロもないわなあ)
「真夜中のカーボーイ」(この映画を子供の頃に見て友情に目覚めましたww)
「アマデウス」(「一番好きな映画は?」と聞かれたらこの映画と答えてしまう、それくらい好きな映画)
「フラッシュバック」(「24」でおなじみキーファー・サザーランドが若くてメチャクチャに可愛い!)
「鉄コンキンクリート」(少年同士の関係に「ブロ」という言葉を使うとむしろエロくなるな・・・ww)

・・・まだまだ数えきれないくらいありますね。しかも、すべて私の大好きな映画(笑)
「ブラザー」には「兄貴」という意味もあるそうですが、だとすると、日本のヤクザ映画みたいな男同士の絆ものもすべて含まれるのかな?

「忍風戦隊ハリケンジャー」のゴウライジャー兄弟も、盛大にブロってましたなあ(笑)
「仮面ライダーウィザード」のハルトとコースケのブロり具合も実にいい感じですww
最近見た映画では、「パシフィック・リム」冒頭の仲良し兄弟がブロいww
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」徹頭徹尾ブロwww
「モンスターズ・ユニバーシティ」爽やかな青春ブロww

小説では、津原泰水の「幽明志怪シリーズ」の伯爵と猿渡のブロが大好きww
京極夏彦の京極堂シリーズはどこをとってもブロの塊デスww
椎名誠の「アド・バード」というSFが大好きなんですが、主役のブロ兄弟が実にイイww

ジャニーズの修二と彰の「青春アミーゴ」という曲も、ブロマンスの王道という感じですわなあ。

いやー、きりがないわこの話題(笑)
しかし、今まで「いやね、別に男同士で愛し合ったりするのが好きなわけではなくー。あくまで友情に萌えてるんでー」とか、誰にも信じてもらえない苦しい弁明をしてきたのですが、これからは「ブラザー・ロマンスが好きです」って堂々と胸を張って言えるのが有難いですw

そして現実世界でも、伊藤計劃と円城塔はブロってますよね・・・(すいません。ここだけ小声で)

ジョジョシリーズの同人誌即売オンリーイベントは、「ゴールデンブラッド」といい、回を重ねてこの7月に第10回をむかえる、なかなかに伝統のあるイベントです。
コスプレ参加率がかなり高く、ただ遊びにいくだけでもとても楽しいイベントでもあります。
毎回、300スペースくらいの、まあ中堅のオンリーだったのですが、今回(第10回)の参加サークルはなんと300の募集に対して最終的に900スペースの参加があるとのこと!
参加だけで900ですからね、当日のお客の事も考えると、ジョジョシの数の膨大さにあきれるばかりでございます。
アニメ見て、ジョゼシーだかシージョゼだかにハマった人が多いみたいなんだけどね・・・。

なんだか最近、アニメをきっかけにドーッと大量発生する腐女子、多くないですか?(笑)
彼女らが通りぬけた後は、イナゴの大群に襲われた村のようにペンペン草も生えないという・・・。
「進撃の巨人」ですら、アニメをきっかけに腐女子が急増しているというから恐ろしい(笑)
ジョジョはまだしも、巨人はどこに萌えたらいいのか、さすがの私にも分からんよ(笑)

「ゴールデンブラッド 第10部」は、7/28(日)、東京流通センターにて開催です。
興味のあるかたは覗いてみると楽しいですよ。柱の男以外、ほとんどのキャラがいます(笑)
ちなみに、私が今までで一番カッコイイと思ったジョジョコスは、背の高い男性がやっていた第3部のジョゼフです。最初、ただの帽子をかぶったオジサンかと思いましたが、手に茨を巻いていたので分かりましたww

5月3日、例の「超能力者斉木楠雄の災難」でプチオンリーがあり、私も参加させていただきました。
ピクシブの絵チャなどで知り合った方々が中心となり、今回のプチオンリーにいろんな当日企画をしていたのは薄々知ってはいましたが・・・。
なんと、絵師さん達が集まって、斉木キャラのオリジナルのタロットカードを作って来てくれた人に配っていたのですよ! 私も参加者として、一組(22枚組)いただいたのですが、もうこのまま占いに使えるんじゃね? っていうくらい、絵も作りもしっかりした本格的なカード。コレ印刷するのにいくらかかるんだー! 更に、そのカードを3枚集めると、オリジナルのボールペンやミラーカードがもらえる、という超お得企画! そのグッズの製作費はいくらなんだー!
イヤハヤ・・・。
私、今まで同人活動は多少やってきましたが、あんまり大きなジャンルでの参加経験がなく、こんな大規模(?)なプチオンリーというのは初めてで、もうとにかくビックリしました。PCを通じた、若い人たちの繋がり、ネットワークとその行動力って凄いんだなあ・・・。新しい人類の可能性にすら触れた思い(大袈裟w)。
本を買いに来てくださった方の中にも、斉木・海藤・鳥塚の3人の顔を可愛いイラストにして、チロルチョコの包装紙にして配ってらした方もいました。何なんだその若い子たちの実行力はー!

せっかくの、そんな素晴らしいプチオンリーに参加させてもらってたのに、実は私、すでに愛が斉木から離れていてあまり本を漁る気にもなれず、心から楽しむことができなかったという・・・残念でなりません。それもこれも、全部「バイオーグ・トリニティ」のせいです。
次回は「ウィザード」本で行こう、とひそかに思っていたのですが、ネタ帳も作らぬうちに「バイオーグ」の友情に心を奪われまくりました。でもあの絵をどう再現しろと・・・? すいません自分には無理ですぅ・・・!
ああでもホサのあのツヤツヤピカピカした頭が描きたいなww

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE