プロフィール

イザク

Author:イザク
好きな物・好きな人(順不同)

昔のSF。宇宙とかロボットとかそういうSFっぽいもの。
本一般。映画一般。特撮ヒーロー。仏像。友情モノ。
西尾維新先生。舞城王太郎先生。荒木飛呂彦先生。奥泉光先生。円城塔先生。津原泰水先生。山岸涼子先生。松本大洋先生。三上骨丸先生。白鵬様。食パンちゃん。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


「僕は春風ムラキ。(中略)孤高の騎士団長だ」
コレだけで爆笑してしまう私は、笑いの沸点が低いのだろうか・・・。

「インスマ浜の呼び声」
タイトルだけで分かる人には分かるように、ラブクラフトの「インスマウスの呼び声」を下敷きにしたクトゥルー神話ネタの回。
禁断の書「ネジレノミコン」を手に入れたのち、失踪した大富豪を探しにネジが島にやってきて、光と闇の戦いに巻き込まれる私立探偵・春風ムラキってのがこの人。

ハルキ
に、似てる・・・(爆)
誰にとは言わないが、似てるぅうーーーッ!!!
ちなみにこの春風ムラキは今回が初出のキャラではなく、準レギュラーとしてこのアニメにずっと出ていて、娘(可愛い)もいる設定。一応、人間ではないキャラになっているのはスタッフのせめてもの気遣いだろうか・・・。

前にも書きましたが、このアニメの作者はかなりの村〇春樹ファンと思われ、今回の話も冒頭のあたりなど「羊をめぐる冒険」っぽい感じがあります。「ネジが島クロニクル」という話もあったしね。「光と闇のナンタラ」てのが、そもそもね。
しっかしこのキャラデザインは・・・。
愛ゆえなのか、心からバカにしているのか(笑)
でも、村上作品をかなり熱心に読んでいるっぽいギャグが多いんですよね。「孤高の騎士団長だ」も最新作ネタだしねw
熱烈なファンなだけに、欠点もまた笑いながらも愛してしまう、業の深いタイプなのだろうか・・・好きですよそういうタイプ(笑)
是非、このまま突っ走って欲しい。
万が一、本家がノーベル文学賞を取るようなことがあったらこの映像を世界に拡散したい。
「イヤ別に、日本での彼の扱いはこんなもんですよ」ってコメ付けて・・・。

・・・さて、春風ムラキの紹介が長くなってしまいましたが、35話「インスマ浜の呼び声」は立派(?)なクトゥルー神話へのオマージュ。インスマ浜の薄暗い街をこそこそと歩く魚のような顔の住民たちの描写は、まさに「インスマウスの呼び声」で描かれるイメージそのもの。
私も「インスマウスの呼び声」は学生時代に読んだことがありますが、「ああ、確かに映像化するとまさしくこんな感じだったなあ」と感心しました。
更に、失踪した大富豪の顔が当時の人気SFマンガ家、吾妻ひでお風だったのにも時代の空気を感じましたw
あと、その地を走る魚バスがトトロに出てくる猫バスのパクリなのにも笑った。
最後まで見ても結局意味が分からない(シュールというべきか)、まあヘボットらしい話でしたがこの濃密なサブカル臭というかオタク魂というか、そんな昭和のSF色をイマドキの子供向けギャグアニメに仕立て上げる手腕に惚れ惚れします。
今回もまた、神回です!

「恋のヘラがえしがえしがえし」
ヘボットに一途な恋をするボキャ美。
そのボキャ美に惚れてしまったダガシープの、ちょっと泣ける恋話。
前々から思っていましたが「ヘボット!」に登場する女の子キャラは全員すごくかわいくて、ボキャ美も以前から「こんなに可愛いのにフラれ続けて可哀想・・・」って思ってたんですよね。
女の子だけじゃなくて、ネジルも可愛くて仕方ないし、ヘボットやペケットが女学生に変身してる姿も可愛い(特にペケット、乃木坂46のようにちょっとお姉さんな感じがイイ!)
ヘボットって男らしくて熱血でなかなかいい奴だと思うのですが、いかんせん、まだ小学生男子っぽくて女に興味が無さそうですもんね。
いつの日か、ボキャ美の恋が成就することを願ってやみません。

それにしても、ダガシープが振られるたびに「妹の名前ーっ!」と叫ぶのは一体なんのギャグなんだろう?
世の中、まだまだ私の知らない作品だらけのようです。


期待を裏切らない!
最強っぽい敵キタ――(゚∀゚)――!!

いや心配していたんですよ。
社長(クロト)は復活してギャグキャラに成り下がったし、パラドさんはそろそろ攻略されそうだし、まだ5月なのに、それじゃあラスボスは誰なのか、って。
今さら、唐突に新キャラ出てこられても「しらけるぜ・・・」な感じですしね、既出のキャラが突然暗黒面落ち、ってのも悲しいパターンだしね・・・。

そこに登場、クロトパパ、旧社長、ってか今や新社長!
いいよね「父親」っていいよね!
この、「越えられない壁」感がいいよね!
宿命とか運命とか感じさせてドラマチックだしね!
肉親として、倒す時に葛藤する感じがいいよね!
ドライブの時も、剛と蛮野博士で盛り上がったもんね!
更に、クロノスの能力が「時を止める」っていいよね、ジョジョっぽくて!
あの「コイツに勝つのは無理だろ・・・」感がいいよね!
なんかクロノスって、ジョジョ4部の吉良みたいでいいよね!
クロノスのガワが緑っぽくて裾つきなのもいいよね!
出てくる時に大げさに時計の針がコチンコチンと動く演出もいいよね!

・・・ハアハア。
と、いうわけで、我が家では今朝もエグゼイドを見ながら興奮がMAXでした。
パラドさんも地味に傷ついた顔してたし、もうすぐ仲間になるのかなー。
あと、今までいい所無しだった華丸師匠に花を持たせたエピソードも良かった、っていうか安心しましたw 
あ、先週の予告で「全員が生き残れるとは限らない」とか書いてあって、地味に心配してたんですが、死ぬのはあのウザい天ヶ崎社長だけだったのね。ヨカッタヨカッタ(笑)
邪魔者が消えたスッキリ感(笑)


いささか粗っぽくないか・・・


ホキュータマを取りに向かった海の惑星ベラの話、スコルピオを追うスティンガーとチャンプの話、両方を同時に進めているせいか、ちょっとドラマが雑ってかアラが多すぎないか・・・?
海辺の村の少女、マアサちゃんが引っ込み思案であるという設定も唐突だし、そこに乗っかるハミィのエピソードも雑すぎて共感できません!
なぜナーガは突然村の一員になったのか? ギャグなのか、何かの芝居だったのか?
「ナーガは感情がわからないから、とりあえず周囲の雰囲気に染まろうとする癖があるんだよ」みたいな説明が、一言でもあればなあ・・・。
マアサちゃんが勇気を振りしぼって「守り神さまは悪者!」と言う必要、そもそもあったのか?
彼女がそれを口にしても、「生贄にされたくないからそんな出まかせを言っている」と思われて、かえって説得は困難になるし、ハミィちゃんの過去話のように「大人しいお前が、よく言ってくれた」みたいな反応にはならないのでは?
キュウレンジャーがその正体を村人たちの前で暴けばみんな納得したのでは?
そもそも、あの村の守神さまの歴史、あんまり古くなさそうだし、なぜあんなモノが信仰されているのか・・・。
そもそも、神奈川のあの海辺は確かにリゾートビーチではないが、別に「汚れた海辺」でもないと思うのだが!!?

ちょっとなあ、戦隊を見ていて時々感じる、「子供番組だからいいだろ」的な杜撰さが目に付く回だったので、次回は挽回して欲しいです!
せめてラプターとハミィの水着姿で締める、くらいのサービスが欲しかったです!
以上!


命って、なんだろう・・・。

初めてエグゼイドのあのピンクのSDガンダムみたいなオモチャっぽい外見を見た時は、まさかこんなに哲学的なテーマを内包するようになるとは思っていなかったよ・・・。

他でもない、自分の母親を失いたくないが為にバグスターウイルスを使いポッピーを生み出していたクロト。
命を創り出すのは神を気取る傲慢なのかもしれませんが、そのピポパポ本人に「生み出してもらって感謝している」と言われ、またそのポッピーを守るために自分の命を(99個あるうちの一つだけど)犠牲にするクロト。
母親の記憶を有しているとはいえ、ポッピーと母親はすでにまったくの別人、別の命であるにもかかわらず・・・。
クロトが語る「命」という言葉は単純に割り切れるものではなく、深く重い。
実際、自分のデータをデジタル化してバーチャル世界に移住する、という試みはSFの中だけでなくすでに現実でも始まっているわけだしね、「命」をセーブ、コンティニューできるもの、として考えるのは、クロトのような天才にとっては不自然じゃないことなのかとも思うし。

なんかね、今週見てたら、「たった一つの命」にこだわり、クロトを理解しようとしないエムの方が、なんか薄っぺらな正義感を振りかざしているように見えちゃってね・・・。
失った恋人の、せめて記憶だけでもまだ生きているのならば、クロトに頼ってでも会いたい、と思うヒイロさんの苦悩とかにも全く気が付かないわけだしね(ここでタイガさんが目ざとくヒイロさんの悩みを察してあげるのが、大人っぽくてイイw。ついでに、花吹雪の中を歩み去るヒイロさんの後ろ姿が美しい!)

いずれにしても、
「コンテニューしてでもクリアする!」
という決め台詞はクロトさんなりの覚悟の表明、クロトさんなりに大事なものを守ろうとする心が伝わって来て、
「ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」
よりもカッコいいと思いましたw

あとやっぱり特筆すべきはポッピーピポパポこと松田さんの演技の上手さ!
クロトに対する母性が目覚めた感じとか、戦うゲームキャラとしての自覚に目覚めた感じとか、初期の頃と比べてどんどん役柄が広くなっていて、そのすべてを難なく、というかごく自然に演じて見るものを引き込んでいく役者としての才能、素晴らしい。
本当に、無邪気なゲームキャラとして生まれた命が、徐々に人としての人格や感情、苦悩を知って、学んで成長していくさまを見ているようです。

そして来週・・・!
なんかまた強そうな奴キター!!!
えーどうなっちゃうんですかー?
もうエグゼイドに関してはまったく予想がつきませんが、「全員が生き残るとは限らない」みたいなことが書いてあったから、誰か死ぬとしたらパラドさんかなあ・・・。レベル50くらいまで落ちてたし・・・。
クロトもいずれ死にそうだけど、まだ命が90個以上あるしなあ・・・。
ヒイロさんとタイガさんは、オロナミンC飲んでるから大丈夫だと思うけど、重要っぽいのにあっさり死んだキリオさんという前例もあるので心配は尽きません。

「うたう! 大龍宮城」を思い出しますなあ(遠い目)

あのころまだ幼稚園だった長女。
今や立派にアラサーにまで成長し、また私の特撮仲間として毎週ヒーロータイムの感想を語りあう仲だったのですが、このたび、めでたく婚約しました!
ゆうべ、初めて相手の男性と会って食事をしてきました。
いやー緊張したー。
しかし、いい人そうでまずは安心安心。
人生の重荷をまた一つおろした気分です。
「うたう! 大龍宮城」のあの頃から、短いようで長い年月が経ったんだなあ・・・。

さて、そんな個人の感傷はさておき、今週の注目ポイントはガルのアクションかな。
今までガルってあまり出番が無いうえに、いつも猫背で低い姿勢なので、
「中の人、背筋が伸ばせなくてけっこう苦しいんじゃないかな」
とか、妙に気になっていたんですが今週はのびのびとアクションできたようで、良かった良かったw
ガルのガワって正直、怖い顔してる(大怪我や火傷で髪が半分抜け落ちた人みたいに見える)ので、けものキャラなのに可愛くなくて気の毒です。あの怖い顔でなければ、タキシード姿とか、もっと決まってたと思うの。
女装も、顔が怖いせいでイマイチ笑えない、ってかシャレにならない・・・幸薄い奴・・・。
でも、最後に青いボタンを押すのは良かったですね!

そこへ行くと我らがBN団、バランスもナーガもタキシード似合ってましたね~!
ハミィちゃんのメイド服も超キュート。
あと、東映公式サイトを見ていて笑ったのが、最後にハミィに助け出される、顔を青く塗った年配のお金持ち宇宙人がいましたが、あの人が今回の宴会場の撮影場所となった「水上温泉 松乃井」の支配人さんだったということ!
あんな豪華絢爛な宴会場を快く貸してくださったうえ、自ら青塗りでエキストラ出演とは。心が若い!
孫に自慢できるだろうなww


女の子二人、並んで変身!


もはや毎週が超神回のエグゼイド。
今週も5分先の展開が読めない緊迫感の中、仮面ライダー史上でも珍しい(っていうか、私は初めて見ました)女の子二人の並んで変身というお宝キュートな映像が入っていて、もう心が踊りまくりでしたよ!
女の子の変身はスカートの裾をひるがえしてクルッとターンするのが凛々しくかつ華やかで、見ていても楽しいですよね。
(クルッとターンしながら変身するのは、私の記憶にあるかぎりではウィザードの時のマユちゃんが最初なのですが、マユちゃんの変身もカッコ良かったなあ・・・)
しかも二人が変身するのが、先週の戦いの傷が癒えていないヒイロさんとタイガさんをかばって、「ここは私たちにまかせて!」という、男気からの行動ってのがまたいいよね!
二人とも、漢だぜ!

いやいや女の子の変身ポーズより、今週のトップニュースは

社長、復活!

だろ!

いやほんと、いずれ復活するだろうとは思っていましたが、このタイミングで、しかもあんなにしれっと(笑)、しかもピポパポに使役されて・・・(大笑)。
心が躍るなあ!
クロト社長こと岩永くんのハジケた演技は相変わらずで、画面が締まる締まる(笑)
変身後もちょっと弱いくせに動きがゾンビっぽかったりするのが嬉しく、濃いキャラ揃いのエグゼイドを更に濃くしてくれる人物の復活に、GW最終日の憂鬱も一気に吹き飛びました。

それにしても、エムとパラド、二人の宿命の対決にいたる流れの完璧なことなは、惚れ惚れしました!
パラドとの一対一の戦いを決意するエム、それを止めようとするヒイロさんたち。
ここから、覚悟を決めたエムが静かな顔で一人一人にかける言葉がイイ。
「患者をお願いします」この一言で、医師としての責任感の強いヒイロさんを立ち止まらせ、「仮面ライダークロニクルの攻略をお願いします」この一言で負けず嫌いなタイガさんとニコちゃんをその気にさせ、戦士としてはイマイチ弱いピポパポに対しては「オペに集中したいから」と、やんわりと参加を拒否。
パラドとの対決は、避けられないエム自身の宿命であるだけに、他のメンバーのそれぞれの正義感に訴えかけ、顔を立てる(?)エムの言葉には、エムの隠し持ったプライドの強さ、そして人の上に立つ格の高さや表には表れない器の大きささえ感じられ、ヒーローとして主役として、またもや惚れ直しちまうようなカッコ良さでした!

しかもその上、戦いの場から排除されたヒイロさん達、「エム自身もゲーム病で苦しんでいるのに」とか「それぞれが自分で出来ることをやるしかないんだ」とか、それぞれがエムに協力できないことを悩んでいるのがまたイイですね!
その苦しさの中から、ピポパポが「自分にしか出来ないこと」としてプロトタイプ0のガジェットを使ってみる、という道が見えてくるわけで・・・そして社長の大復活につながるわけで。
うーん、こう書いてきても、まさに完璧な流れだ!
納得できない不自然な行動を取る人がおらず、全員がそれぞれにカッコいい。
まさに超神回。

あとね、今週から挿入されてるオロ〇ミンCのCMが良かったよねww
縄跳びがなかなか出来ない少年。
エム「頑張ってるあの子を、応援したい」
ヒイロ「でも、自分の力で成し遂げないと」
タイガ「意味ねーんじゃねえのか」
後ろからやってきてエムの背中をポン、と叩くタイガさん恰好良すぎか!
3人3様のポーズでオ〇ナミンを一気飲みする姿もイカしてるし、横向きにジャンプしながら変身していくポーズも決まってますねw
大塚製薬さま、素敵なCMありがとう!
第二弾は、倒れてる社長がゾンビっぽく立ちあがって「これさえあれば何度でも復活できる。元気ハツラツ、オロナ〇ンC!」とさわやかな笑顔で言って欲しいです!

コタローが芸達者すぎて末恐ろしい。

なんかよく考えると納得できない展開なのだが、コタローの芸の上手さでオールOKになったっぽい・・・。

アンビバレンツな兄への感情を自分でも扱いかねるスティンガー。
奴はオレが倒す、と言い切るスティンガーに、兄弟への思いってのはそんなに簡単に割り切れるものじゃないでしょ、今でもできたらお兄さんを救いたい、って思ってるんでしょ、と揺さぶりをかけるコタロー。
子供らしい純真な問いかけに、目を泳がせてしまうスティンガー。
更に、自分の恩人の仇が実はスティンガーの兄だったことを知って、スコルピオ討伐に向かうスティンガーに同行することになるチャンプ。
「自分で全部背負ってんじゃねえ!」
って・・・。
ここの場面で使うのはおかしくないか?
チャンプがスコルピオに抱く感情は今のところ恨みや憎しみだけなのだから、スコルピオを探して、倒すことしか考えていないだろうがスティンガーは誰よりも兄を憎みつつ、なおかつ、「もし洗脳されてるんだったら解いてやりたいなー」とか「悪に心染まっていても、弟である自分が必死に呼びかければ通じるんじゃないかなー」とか、一縷の望みも捨てずなおかつ、そんな望みを抱いてしまう自分の気持ちを「心の弱さ」だとして懸命に封印しようとしているわけなのだから・・・。
これらのスティンガーの苦悩の中に、チャンプに背負えるものが一つでもあるように思えない・・・。
だがしかし。
そのような疑問も、チャンプの言葉を聞いたコタローの満足しきったような満面の笑みで、
「あ、なんか分かんないけど良かったねスティンガー!」
って流れになっちゃったので許す(笑)
コンビを組むことになった黒とオレンジ、並んで変身するときのタイミングがピタッと揃ってしまい、思わず顔を見合わせて照れ笑い(?)するのも可愛らしいですねw

そんなコタロー君も次週からしばらくお別れになるっぽい。
いやいや、心配してたのよね、コタローこと田口くん、まだ小学生のはずだし、撮影と学校両立できてるのかな、って・・・。
特撮の撮影なんて、時間も不規則だろうしコタロー最近出番多かったしね。
まあ頼もしい仲間が10人もいるので、学業のほうもしっかり頑張ってくださいね~!

PREV PAGE «  BLOG TOP  »  NEXT PAGE